書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 グローバル化時代の市民像
副題 コスモポリタン民主政へ向けて
著者 ダニエル・アーキブージ著/ 中谷義和高嶋正晴國廣敏文加藤雅俊嶋内健篠田武司山根健至松下冽
判型 A5判
頁数 338頁
発行年月 2010年12月
定価 3,960円(税込)
ISBN ISBN978-4-589-03313-0
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 紛争や不平等など人類が抱えている現代的課題の克服を探求し、世界を一つのポリス(政治体)とみなした新しい統治論を展開する。さらに民主政の主体となる市民像もふくめ提示。

目次 日本語版への序文
図と表
略語表
序文と謝辞


第1章 序論:世界の女王か?
 世界の女王か?/衰退なき西側/民主政とコス
 モポリタニズムに忍び寄る危険/本書の構成


◇第T部◇コスモポリタン民主政の理論

第2章 民主政の概念化
 勝利の宣言:その記録/民主政の性格:5つの柱
 /民主政の定義/民主政の広がり/民主的国家
 の評価/民主政によって何を実現すべきか?/
 成果に安んじるなかれ

第3章 民主政とグローバル・システム
 主権国家のフィクションからグローバル・システムへ/グローバ
 ル化と民主的自律性/国際的諸矛盾と民主政/
 民主政と戦争:理論と現実/内と外/グローバル
 な政治プレイヤーの誕生

第4章 コスモポリタン民主政の構築
 グローバルな実験室/介入の諸分野/ガヴァナンス
 の諸レベル間の関係/どのような国家の結合か
 /機能主義と連邦主義とのあいだ/世界市民権
 /コスモポリタン法へ向けて

第5章 コスモポリタン民主政の批判的検討
 政治権力は弾薬庫から生まれるか:現実主義批
 判/「敵も国境も不要」:マルクス主義の批判/グロー
 バル・ガヴァナンスと民主政とは矛盾するか/法の支
 配ないし民主政のグローバル化か/グローバル倫理と
 コスモポリタン民主政/開かれたプロジェクト


◇第U部◇コスモポリタン民主政の実践

第6章 国連の重要性:その位置
 みんなの故郷/国際連合における民主的言説/
 安全保障理事会/司法部/国際連合における世
 界市民/人権の保護/批判から改革へ

第7章 コスモポリタニズムと人道的介入
 生存のコスモポリタニズム/人道的介入:その現実と将
 来/コスモポリタニズムの原理と人道的介入/一歩前
 進、二歩後退

第8章 民主政は輸出できるか
 過去のイメージ/民主政の輸出には正当性があ
 るか/民主政を輸出する手段/民主政の拡大と
 国際諸機構の役割/イラク侵攻後でも民主政の
 輸出は可能か

第9章 民族自決とコスモポリタンな視座
 グローバル化時代の自決/民族の権利の展開史/
 民族とは何か/民族自決の3つの解釈/被植民
 地住民の国家形成権/マイノリティの国家形成権/国
 内の集団的諸権利とマイノリティの権利/自決の自己
 評価の不整合性

第10章 多言語民主政は可能か
 ヨーロッパ型共通語を求めて/言語的諸権利と政治
 的共同体/民主性の言語:多文化主義とコスモポリタ
 ンの見解/リスニング:民主主義の学校/政治的選択
 :多文化主義者とコスモポリタン派との比較/言語のコ
 スモポリタニズムに向けて

第11章 結論:コスモポリタン民主政の展望


訳者あとがき
索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索