書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 《9・11》の衝撃(インパクト)とアメリカの「対テロ戦争」法制
副題 予防と監視
シリーズ 神戸学院大学法学研究叢書 16
著者 岡本篤尚
判型 A5判
頁数 304頁
発行年月 2008年7月
定価 本体5,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03109-9
ジャンル 憲法
本の説明 《9・11》以後の米国の「対テロ戦争」と国家安全保障法制の不可逆的な構造転換を検証する。「対テロ戦争」法制下で展開した、愛国者法、国土安全保障法、FISAによる電子監視検証およびテロ情報共有システムを実証的に解明する。

  
目次 はしがき
凡  例

第1章 《9・11》の衝撃と「対テロ戦争」
 1 《9・11》の衝撃と「対テロ戦争」
 2 ブッシュJr.政権のテロ認識
 3 予防戦争としての「対テロ戦争」
  ―ブッシュJr.政権における予防戦争の論理

第2章 《9・11》以前のアメリカにおける対テロ法
    制の展開
 1 レーガン=ブッシュSr.政権における対テロ法制の
   展開
 2 クリントン政権における国家安全保障概念の
   変容と対テロ法制の展開
 3 クリントン政権におけるサイバーテロ対策

第3章 《9・11》の衝撃と「対テロ戦争」法制の
    展開T―概観と定義
 1 《9・11》以後の「対テロ戦争」法制の概観
 2 テロリズムの法的定義

第4章 《9・11》の衝撃と「対テロ戦争」法制の
    展開U―愛国者法/国土安全保障法を
    中心に
 1 愛国者法の制定とその概要
 2 愛国者法の拡大・強化へ向けて―第2愛国
   者法案と愛国者法の改正
 3 国土安全保障法の制定と国土安全保障省
   (DHS)の創設
 追 記

第5章 FISAによる電子的監視と愛国者法
 1 FISA制定以前の電子的監視
 2 FISAによる電子的監視の司法的統制の強
   化と緩和
 3 愛国者法によるFISAの改正と電子的監視
   権限の強化
 4 NSA秘密盗聴事件とFISA2007年改正

第6章 《9・11》の衝撃とテロ情報の共有・情報
    機関の再編
 1 《9・11》テロ・対イラク戦争とテロ情報の共有・
   情報機関の再編
 2 軍・諜報・治安機関におけるテロ/対テロ情報
   の共有
 3 アメリカ情報機関の再編


むすびにかえて


初出一覧
主要略語一覧
索引(事項・人名,法令,判例)
アメリカ政府機関・主要報告書一覧

 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索