検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名
著者名 小宮文人
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

労働法の基本〔第2版〕近日発売予定
[労働法]
本久洋一 ・小宮文人 ・淺野高宏 編
A5判・322ページ・2,860円(税込) [予価]
主には法学部生を対象にしているが、大学生全般を対象にしたワークルール入門にも対応した標準的テキスト。法制度の意義・要件・効果を丁寧に解説するとともに、重要判例を明示的に取り上げるなど理解を深める工夫をした。初版刊行(2019年4月)以降、主には働き方改革関連法の施行にともなう動向や新たな労働立法・裁判例を補訂した。
労働法の基本
[労働法]
本久洋一 ・小宮文人 編
A5判・298ページ・2,750円(税込)
法学部生向けの標準的テキストであり、かつ全学部生のワークルール入門にも対応。法制度の意義・要件・効果の正確な分析を前提に、重要判例の事実・判旨を明示的に取り上げ、理解を深める工夫をした。「働き方改革」など昨今の動向やこれからの課題にも言及。

    

2021年5月 改訂版刊行予定
アクチュアル労働法
[労働法] [アクチュアルシリーズ]
毛塚勝利 ・米津孝司 ・脇田滋 編
A5判・352ページ・3,300円(税込)
雇用労働の歴史と思想をふまえながら、今日の雇用労働の変容をみつめる労働法テキスト。TopicとMy Opinionを各章ごとに収録し、身近に起きる労働問題から理論まで、条文・判例を通じて修得できる1冊。

      
労働契約論の再構成
[労働法] [記念論集・個人全集・講座]
淺野高宏 ・北岡大介 編
A5判・350ページ・7,700円(税込)
労働環境の変動への対応から体系的に立法された労働契約法は、成立以降、その法理の妥当性が常に問われている。労働契約論に関する主な論点につき、理論的到達点を踏まえ、あらためて再定位を試みるとともに、今日的課題を探る。

    
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索