書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 高齢者法の理論と実務/生活困窮者自立支援の法的仕組み
シリーズ 社会保障法第35号
著者 日本社会保障法学会
判型 A5判
頁数 226頁
発行年月 2019年12月
定価 本体3,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-04039-8
ジャンル 学会誌
本の説明 [第74回大会]
シンポジウム 高齢者法からみる高齢者特有の課題
関ふ佐子、原田啓一郎、川久保寛、西村淳、柳澤武
ミニシンポジウム@ 高齢者の意思決定実務とこれから
西森利樹、丸尾はるな、水谷紀子、川島通世
ミニシンポジウムA 生活困窮者自立支援の法的仕組み
中野妙子、嵩さやか、飯島淳子、久保野恵美子
書評、判例回顧ほか。
目次 はじめに……………………………………新田秀樹
高齢者に対する保健事業と介護予防の一体的実施

 ◆第74回大会◆
シンポジウム:
高齢者法からみる高齢者特有の課題

高齢者法の全体像…………………………関ふ佐子
高齢者の医療保障と法…………………原田啓一郎
高齢者の介護サービス利用支援と法
     …………………………………川久保寛
―ケアマネジャー・ケアマネジメントを
手がかりに―
高齢者の所得保障と法……………………西村 淳
高齢者の雇用と法…………………………柳澤 武
―超長寿時代のディーセント・ワーク―

質疑応答


ミニシンポジウム@
高齢者の意思決定支援の実務とこれから

ミニシンポジウムの趣旨と構成…………西森利樹
高齢者の法律相談における意思決定支援
     ………………………………丸尾はるな
ソーシャルワーク実践事例における意思決定支援
     …………………………………水谷紀子
従来制度の狭間をつなぐ高齢者の意思決定支援
     …………………………………川島通世
高齢者の意思決定支援における法的課題
     …………………………………西森利樹

質疑応答


ミニシンポジウムA
生活困窮者自立支援の法的仕組み

ミニシンポジウムの趣旨と構成…………中野妙子
生活困窮者自立支援法の意義と課題
     …………………………………嵩さやか
―生活困窮者自立相談支援事業を中心に―
生活困窮者自立支援法の行政法学的考察
     …………………………………飯島淳子
生活困窮者自立支援法における支援対象の単位
     ……………………………久保野恵美子
―子どもを中心に―

質疑応答


書 評:
松本勝明著
『労働者の国際移動と社会保障
―EUの経験と日本への示唆―』
(旬報社、2018年)………………………関根由紀

判例回顧:
社会保険系…………………………………山下慎一
社会福祉系…………………………………西森利樹

学会関連情報:
立法紹介……………………………………川村行論

編集後記
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索