書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 振舞いとしての法
副題 知と臨床の法社会学
著者 西田英一山本顯治
判型 A5判
頁数 318頁
発行年月 2016年2月
定価 本体6,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03719-0
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 メタ理論(解釈法社会学)、ナラティヴ・臨床、紛争・交渉の3つのグループに分け、法の社会臨床学の新領域を切り拓く和田仁孝教授の還暦を記念した論文集。

「理で決しても、納得できないことがある。口にできることからできないことまで、いやというほどある。納得とは何か? 納得はなぜ起こるのか/起こらないのか? それを和田さんはつねに紛争の具体的な当事者に寄り添いつつ突きつめようと苦闘してきた。それこそが〈法〉が成り立つ根拠への問いにじかに通じるものだと信じえたからであろう。」(哲学者、京都市立芸術大学理事長・学長 鷲田清一)

      
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索