書籍紹介

書籍名 イギリス憲法概説
副題 民主主義的社会主義・憲法改革・ヨーロッパ人権条約
著者 元山健キース・D・ユーイング
判型 A5判
頁数 150頁
発行年月 1999年2月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN4-589-02107-2
本の説明 日英憲法の1世紀にわたる交流と今のイギリス憲法を簡潔に解説。「1998年人権法」の批判的解説はじめ、両国の憲法学者が共同で現代イギリス憲法の検討を行った研究成果。

この書籍は品切につき入手できません
目次 目次
はじめに
第1章 日本近代史の中のイギリス憲法――元山健
 1 日本近代化の中のイギリス憲法
 2 大正デモクラシーの中のイギリス憲法
 3 日本国憲法の中のイギリス憲法
 4 小結――近代日本はイギリス憲法を理解しえたか
第2章 イギリス憲法概説――元山健
 1 イギリス憲法の基本原理
 2 イギリス憲法の歴史と現状
 3 イギリス憲法の現代的諸課題―労働党新政権と憲法改革の課題
第3章 ニュー・レイバーとイギリス憲法の新たな試練――キース・D・ユーイング
    ――民主主義的社会主義・憲法改革・ヨーロッパ人権条約――
 1 序 論
 2 民主主義的社会主義の憲法原則
 3 政治的平等と政治的権利
 4 代表的で責任ある会議体
 5 主権的会議体
 6 主権のジレンマ
 7 ヨーロッパ人権条約
 8 民主主義的社会主義、憲法原理、および1998年人権法
 9 ECHRと民主主義的社会主義の憲法的目的
 10 ECHRと経済的権力:人権は誰のもの
 11 憲法原理と人権:民主主義的社会主義のジレンマの解決
 12 結語
おわりに
判例索引
法令索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索