• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > HBB
  • > トピック法思想

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 トピック法思想
副題 羅針盤としての歴史
シリーズ HBB
著者 竹下賢平野敏彦角田猛之
判型 四六判
頁数 326頁
発行年月 2000年5月
定価 本体2,800円+税
ISBN ISBN4-589-02432-2
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史 HBB
本の説明 11のトピック(差別・人間の尊厳・所有・生命・環境・弁論・陪審・刑罰・共同体と自由・戦争と平和・民族)を4つのテーマに分けて構成した新しいタイプの入門書。多くの写真を盛り込み読みやすく解説。巻末に人名辞典あり。
目次  まえがき
第1部 個人と人権
 1 [トピック 差別]差別をめぐる法思想
  はじめに
  一 差別と思想史
  二 思想史と現代
  むすび
 ◆J・S・ミルの女性論[コラム1]
 2 [トピック 人間の尊厳]人間の尊厳の思想と現代社会
  はじめに
  一 人間の尊厳の思想史的系譜
  二 現代における人間の尊厳の展開相
  むすび
 3 [トピック所有]労働と私有財産
  はじめに
  一 先占から労働へ
  二 現代の所有論
  むすび
 ◆ヒュームとケイムズ[コラム2]
第2部 生命と環境
 4 [トピック 生命]性と死をめぐる法思想
  はじめに
  一 性と法
  二 死と法
  むすび
 5 [トピック 環境]一七世紀ヨーロッパにおける環境観の変動
  はじめに
  一 生命ある―自然有機体論的自然観
  二 収穫されるべき自然―機械論的世界観
 むすび
第3部 裁判と犯罪
 6 [トピック 弁論]古代弁論術
  はじめに
  一 弁論術小史
  二 弁論術理論概説
  むすび
 7 [トピック陪審]英米と日本の陪審裁判をめぐる法思想
  はじめに
  一 英米の陪審制をめぐる法思想―ブラッグストーンとトクヴィル
  二 わが国の旧陪審制をめぐる法思想―瀧川幸辰『陪審裁判』に依拠して
むすび
◆ベンサムと法典化[コラム3]
 8 [トピック 刑罰]フランス近代刑法学の流れ
  はじめに
  一 近代刑法学の潮流
  二 刑事システムの実践とその変容
  むすび
第4部 共同体と国家
 9 [トピック 共同体と自由]ギリシア古代思想と徳論
  はじめに
  一 プラトンとアリストテレス
  二 個人の自由と共同体
  むすび
 10 [トピック 戦争と平和]中世の正戦論と「神の平和」
  はじめに
  一 中世ヨーロッパにおける正当戦争論―教会法学と神学
  二 中世ヨー口一パにおける平和運動と戦争―「神の平和」と十字軍
  むすび
 11 [トピック 民族]ヴァイマル国民国家思想と民族少数派
  はじめに
  一 国民国家・国民主義・民族自決
  二 国民国家と民族少数派
  むすび
◆ヤスパースにおける法思想の展開[コラム4]

あとがき
基本文献一覧
事項索引
人名辞典
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索