• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 政治
  • > 平和学

書籍ジャンル検索

政治

平和学

平和をめぐる14の論点
[平和学]
日本平和学会 編
A5判・326ページ・本体2,300円+税
いま平和研究は、複雑化する様々な問題にどのように向きあうべきか。平和研究の独自性や原動力を再認識し、果たすべき役割を明確にしつつ、対象・論点への研究手法や視座を明示する。各論考とも命題を示し論証しながら解明していくスタイルをとる。

    
平和と安全保障を考える事典
[平和学]
広島市立大学広島平和研究所 編
A5判・712ページ・本体3,600円+税
日本の平和研究の到達点と英知を抽出。200名超の執筆陣が「広島・長崎の被爆」「軍備・核兵器」「国際政治と安全保障」「国際政治史」「紛争理論と戦争論」「平和運動・平和思想」「平和構築」「法と人権」「原子力」「環境と開発」の10分野・約1300語を解説。

    
新・平和学の現在
[平和学]
岡本三夫 ・横山正樹 編
A5判・280ページ・本体2,600円+税
平和学の起源・構想・対象など、その全体像を鳥瞰し、今日の理論と方法論の到達点を概説。21世紀初頭の世界の激動とグローバル化の深化を踏まえ全体的に補訂した最新版。真の平和を探究するための必読書。

      
平和教育を問い直す
[平和学]
竹内久顕 編著
A5判・250ページ・本体2,400円+税
平和問題の射程の広がりのなか、時代と乖離し、その存在意義が問われている平和教育。戦後の豊かな平和教育の蓄積を批判的・発展的に継承し、新たな理論と実践の創造的な再生を試みる。

  
戦争をなくすための平和学
[平和学]
寺島俊穂 著
A5判・250ページ・本体2,500円+税
「戦争のない世界」の実現可能性を人類が培ってきた〈運動・思想・構想〉に焦点を当て、理論的・実証的に追究する。実践的学問である平和学の今日的課題を探究するとともに、私たち市民一人ひとりの役割と課題にも言及。

    
戦争への終止符
[平和学]
グレン・D・フック ・桜井智恵子 編
A5判・202ページ・本体3,000円+税
戦争の歴史がいかに位置づけられ理解されてきたのか。過去の認識と現在の政治形成との関係に着目する「記憶研究」の見地からていねいに解き明かす。再び戦争をする国へと変わろうとしている日本へ警鐘を鳴らす。

    
脱原発のための平和学
[平和学]
国際基督教大学平和研究所 編
A5判・226ページ・本体2,800円+税
3.11を契機とし、「核」のない平和な世界の創造へ向け、批判的かつ創造的に社会のあり方を提言する。領域横断的な思考と対話を提示。小出裕章氏、秋山豊寛氏、吉原毅氏ほか寄稿。

    
核兵器をめぐる5つの神話
[平和学]
ウォード・ウィルソン 著・黒澤満 日本語版監修・広瀬訓 監訳
A5判・186ページ・本体2,500円+税
「日本の降伏は原爆投下による」、「核には戦争を抑止する力がある」など、核兵器の有用性を肯定する論理が、史実に基づかない都合の良い〈神話〉に過ぎないことを徹底検証。核廃絶のための科学的な論拠と視座を提供する。

      
日本から発信する平和学
[平和学]
安斎育郎 ・池尾靖志 編
A5判・262ページ・本体2,400円+税
日本の戦前・戦後の軍事化動向、平和運動の到達点、さらには歴史問題を概観するとともに、日本政府の安全保障・ODA・人権・環境などの諸政策を平和学から批判的に分析する。平和憲法の理念を軸に、「日本を/日本から平和学した」ユニークな入門書。
アクター発の平和学
[平和学]
小柏葉子 ・松尾雅嗣 編
A5判・230ページ・本体2,400円+税
戦争・人権・環境等のイシューでなく、NGO・国連・地方自治体・先住民等のアクター(行為主体)に焦点を当て、平和問題を新たな視角から考察したユニークな平和学入門書。諸アクターから見える多様な平和像と相互連関の抽出を試みる。
1 2 3 4 次へ

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索