書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 格差是正と税制
シリーズ 租税理論研究叢書24
著者 日本租税理論学会
判型 A5判
頁数 150頁
発行年月 2014年11月
定価 本体4,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03634-6
ジャンル 行政法
本の説明 世界各国における所得格差の拡大と貧困の累積についての実態が明らかにされるなか、その是正に果たす税制の役割について検討。諸氏の問題提起論文と討論を収録。
目次 「格差是正と税制」によせて  …………鶴田廣巳

T シンポジウム 格差是正と税制
 1 富裕層に対する課税のあり方………伊川正樹
   ―アメリカの動向との比較を中心に―
 2 格差是正と租税法制度  …………森 稔樹
   ―日本及びドイツにおける議論を踏まえての
    序説的検討
 3 TPP参加による地域格差の拡大と
    地方税財政の課題……関 耕平・三好ゆう
 4 富裕者課税について  ……………安藤 実
 5 討論 格差是正と税制
    ………………(司会)望月 爾・長島 弘

U 一般報告
 ドイツ法人税における機関会社の原書形態
    ……………………………………長谷川一弘
 ―1922年3月ライヒ財政裁判所の被用者説の適用―
 国税通則法改正と税務行政の課題
  国税通則法改正の実務への影響と課題
    ………………………………………岡田俊明
  税務調査手続の整備と税務調査の実態
    ………………………………………本川國雄
  手つかずの徴収行政上の納税者の権利保護
    ………………………………………角谷啓一
  納税者の権利と税理士法改正の課題
    ………………………………………中西良彦
  ―国税通則法改正と納税者の権利,
   税理士の職業専門家責任―

日本租税理論学会規約
日本租税理論学会役員名簿
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索