書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 高年齢者雇用の課題と方向性/日韓比較労働法研究の意義と課題/「就労価値」論の理論課題
シリーズ 日本労働法学会誌124号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 278頁
発行年月 2014年10月
定価 本体3,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03630-8
ジャンル 学会誌
本の説明 《127回大会》3つのシンポジウム報告と渡辺章筑波大学名誉教授の特別講演/個別報告 《回顧と展望》《日本学術会議報告》 ほか
目次 目  次


<特別講演>
労使関係と「社会的対話」について …渡辺 章

<シンポジウムT>
 高年齢者雇用の課題と方向性
シンポジウムの趣旨と総括 …………水町勇一郎
高年齢者雇用に関する日本法の解釈をめぐる問題
      ………………………………原 昌登
高年齢者雇用政策――
 年齢差別禁止アプローチの可能性 …柳澤 武
高齢者雇用をめぐる法政策
 ――米国・EUの年齢差別禁止法から
 得られる示唆―― ……………………櫻庭涼子
高年齢者雇用をめぐる人事上の課題と方向性
      ………………………………高木朋代

<シンポジウムU>
 日韓比較労働法研究の意義と課題
日韓比較労働法研究の意義と課題
 ――企画趣旨と議論の概要―― ……矢野昌浩
韓国労働法における日本法の影響
 ――個別労働法分野について―― …宋 剛直
韓国労働法における日本法の影響と発展
 ――集団的労働関係法の分野を中心に――
      ………………………………趙 翔均
韓国労働法の何に注目できるのか?
 ――日韓交流発展の意義と課題――
      ………………………………脇田 滋

<シンポジウムV> 『就労価値』論の理論課題
シンポジウムの趣旨と総括
 ――「就労価値」論の理論課題――
      ………………………………唐津 博
「就労価値」論の意義と課題 …………有田謙司
「就労価値」の法理論
 ――労働契約アプローチによる「就労価値」
 保障に関する一試論―― ……………長谷川聡
「就労価値」の法政策論 ……………神吉知郁子

<個別報告>
ドイツにおける公的部門の
 事業・業務再編と労働者保護 ………松井良和
ドイツ労使関係の変化と協約法制の現在
      ………………………………榊原嘉明
韓国における期間制勤労者(有期契約労働者)
 に対する差別的処遇の禁止及びその是正
      ………………………………徐 侖希
フランスにおける労働組合の代表性の機能と
 その正統性 ……………………………小山敬晴
兼職をめぐる労働時間の通算制・契約上の
 兼職避止義務のあり方 ――ドイツ法との
 比較法的研究―― ……………………河野尚子

<回顧と展望>
障害者雇用促進法の改正 ………………所 浩代
パートタイム労働法8条違反該当性の判断と
 救済の方法――ニヤクコーポレーション事件・
 大分地判平25・12・10労判1090号44頁――
      ………………………………緒方桂子
裁量労働制(専門型)の対象該当性
 ――レガシィほか1社事件・
 東京高判平26・2・27労判1086号5頁――
      ………………………………天野晋介

日本学術会議報告 ……………………浅倉むつ子
日本労働法学会第127回大会記事
日本労働法学会第128回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索