書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 債権法改正と労働法
シリーズ 日本労働法学会誌123号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 216頁
発行年月 2014年5月
定価 本体2,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03598-1
ジャンル 学会誌
目次 目  次

《シンポジウム》
債権法改正と労働法

労働契約法と債権法との関係性
 ―総論的課題の考察 …………………野田 進
労働契約における合意と債権法改正
 ―労働契約の成立の場面を素材として
     ……………………………新屋敷恵美子
労働条件の形成と変更―約款
 ・事情変更原則等を中心に …………野川 忍
債権法改正と雇用の期間・終了 ………武井 寛
危険負担法理と役務提供契約 …………根本 到
〈コメント〉「債権法改正と労働法」…大村敦志

《シンポジウムの記録》
債権法改正と労働法

《個別報告》
イギリスにおけるハラスメントの救済
 ―差別禁止法の直接差別から
 平等法26条のハラスメントへ ………内藤 忍

《回顧と展望》
「今後の労働者派遣制度の在り方に
 関する研究会報告書」を中心とする
 最近の派遣法改正論議について ……沼田雅之
解雇が無効とされて復職した直後における
 年休権発生の有無―八千代交通(年休権)事件
 ・最一小判平25・6・6労判1075号21頁
     …………………………………戸谷義治
労災保険法上の給付を受ける労働者に
 対して打切補償を支払って行われた
 解雇の有効性―専修大学事件・
 東京高判平25・7・10労判1076号93頁
     ………………………………佐々木達也

《追悼》
島田信義先生の思い出 …………………石田 眞
日本学術会議報告 ……………………浅倉むつ子
日本労働法学会第126回大会記事
日本労働法学会第127回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索