書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 職場のメンタルヘルスと法/公務における「自律的労使関係制度」の確立の意義と課題/貧困と生活保障
シリーズ 日本労働法学会誌122号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 234頁
発行年月 2013年10月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03546-2
ジャンル 学会誌
本の説明 125回大会シンポジウムと個別報告を中心に構成。
目次 《特別講演》
私の研究遍歴
 ―労働者の人格権をめぐって…………角田邦重

《シンポジウムT》職場のメンタルヘルスと法
シンポジウムの趣旨と総括
   …………………………鎌田耕一・三柴丈典
使用者の健康配慮義務と労働者のメンタルヘ
 ルス情報…………………………………水島郁子
メンタルヘルス不調者の処遇をめぐる法律問題
 ―休職に関する法理の検討を中心に
   ………………………………………坂井岳夫
諸外国のメンタルヘルスと法……………三柴丈典

《シンポジウムU》公務における「自律的労
 使関係制度」の確立の意義と課題
シンポジウムの趣旨と総括………………根本 到
公務における自律的労使関係制度と議会統制
   ………………………………………清水 敏
公務員の労働基本権と勤務条件法定主義との
 調整のあり方
 ―国公労法案を素材にして……………岡田俊宏
公務員法における法律・条例事項と協約事項
 ―公法学の視点から……………………下井康史

《シンポジウムV》貧困と生活保障
 ―労働法と社会保障法の新たな連携
  シンポジウムの趣旨と総括…………石田 眞
〈報告要旨〉雇用と社会保障の新たな連携
 ―日本型生活保障の解体をふまえて
   ………………………………………宮本太郎
貧困と生活保障
 ―労働法の視点から……………………島田陽一
貧困と生活保障
 ―社会保障法の観点から………………菊池馨実

《個別報告》
イギリスにおけるハラスメントからの保護法
 とその周辺動向
 ―職場におけるdignityの保護 ………滝原啓允
企業組織再編と労働関係の帰趨
 ―ドイツ法における実体規制・手続規制の
  分析……………………………………成田史子
平等な賃金支払いの法理
 ―ドイツにおける労働法上の平等取扱い原
  則を手掛かりとして…………………島田裕子

《回顧と展望》
違法な労働者派遣と黙示の労働契約の成否
 ―マツダ防府工場事件・山口地判平25・3・13
   ………………………………………山本陽大
高年法上の継続雇用制度における再雇用拒否
 ―津田電気計器事件・最一小判平24・11・29
   ………………………………………富永晃一
国家公務員による政治的文書配布行為につい
 ての政治的行為制限違反の成否
 ―堀越事件・最二小判平24・12・7/世田谷
  事件・最二小判平24・12・7 ………川田琢之

《追悼》
久保敬治先生から教わったこと…………小嶌典明

日本学術会議報告………………………浅倉むつ子

日本労働法学会第125回大会記事
日本労働法学会第126回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索