書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 大震災と税制
シリーズ 租税理論研究叢書22
著者 日本租税理論学会
判型 A5判
頁数 176頁
発行年月 2012年10月
定価 本体4,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03468-7
ジャンル 行政法
本の説明 税財政は震災被害からの復旧・復興をどのように支えうるか。中村芳昭・岡田俊明・馬渕泰至・岡幸男・鳥飼貴司・弓削忠史・沢修一・宮入興一氏らの問題提起とそれに基づく討論、木村幹雄氏の個別報告を採録。

  
目次 はしがき

◇T シンポジウム 大震災と税制◇
1 震災特例税制に関する問題提起
  「震災税制」に関する総論的問題(中村芳昭)
  /実体法上の課題―所得税を中心に(岡田俊
  明)/租税手続行政を中心に(馬渕泰至)/ア
  メリカ災害税制の議論から―個人所得税を中
  心として(岡 幸男)

2 震災法務と課税(鳥飼貴司)
  ―大震災に対して税法学は何ができるのか

3 大震災後の人権保障に基づく税法及び
 税務会計の在り方(弓削忠史)

4 大震災におけるGMSの物流体制・CSRと
 「震災引当金」の創設提言
    (高沢修一・陳 君・姜 凌・曲 愛娟)
  ―大震災時のイトーヨーカ堂の中国と日本に
   おける事業活動を中心として

5 震災復興と税財政(宮入興一)
  ―東日本大震災と復興制度改革課題を中心に

6 討論 大震災と税制
        (〈司会〉安藤 実・阿部徳幸)


◇U 個別報告◇

相続・贈与時におけるキャピタル・ゲイン課税
  ―みなし譲渡課税制度の再検討 (木村幹雄)


日本租税理論学会規約
日本租税理論学会役員名簿
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索