書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 〈人間の安全保障〉の諸政策
著者 岩浅昌幸柳平彬編著
判型 A5判
頁数 208頁
発行年月 2012年9月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03451-9
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 生存保障および持続可能な社会の構築を実現するための指針を〈人間の安全保障〉の考察をふまえ提示。多彩な執筆陣が環境・食・医療・金融・教育などの分野へむけ政策を提言する。

目次 序 章 人間の安全保障と日本…………宅間 克
 3.11複合大災害の示唆/セキュリタスとベネフ
 ィタス/現代文明のパラダイム/現代日本文明
 のパラダイム/日本への期待

第1章 人間の安全保障と新しい政策公準
          ……………………岩浅昌幸
    ―原子力発電と格差経済を
              例示的素材として
 はじめに―震災・リーマンショックと人間の安
 全保障/人間の安全保障の特徴/人権の補完機
 能と人間の安全保障/原子力と人間の安全保障
 /格差経済と人間の安全保障

第2章 寡占化社会が人間に与える影響
          ……………………柳平 彬
    ―ソーシャルビジネスは
         資本主義システムを救えるか
 はじめに/寡占の脅威/寡占競争と多占競争/
 多占で栄え、寡占で滅びる/多占の意味論体系  (Semantics of Polygopoly Participation
   and Opposition)
 ■補論:ソーシャルビジネスは
         資本主義システムを救えるか
     ―グラミン銀行元総裁
          ムハマド・ユヌス氏に聞く

第3章 アジア通貨単位(ACU)構想…… 近藤健彦
    ―21世紀グローバル通貨の模索に向けて
 はじめに/経緯と現状/10の視点/結び

第4章 地球環境問題と人間の安全保障
          ……………………赤尾信敏
    ―錯綜する国家間の利害と解決策
 加速化する地球環境の悪化と人間の安全保障/
 国際協力による取組が不可欠/国際的取組の成
 功例:オゾン層保護/地球温暖化問題への対応
 /結びにかえて

第5章 食料自給と農業政策
          ………鈴木宣弘・木下順子
 世界食料危機の教訓/食料は戦略物資/食料争
 奪の時代は来るか/純輸入国の食料安全保障/
 すでに低い日本の農産物関税/日本は価格支持
 政策をもたない/農産物輸出国の手厚い農業保
 護/食料自給率低下で国民が失うもの/食料自
 給率の引き上げは可能か/国際コメ備蓄構想の
 展望/生産調整から販売調整へ/東アジア経済
 連携の重要性/東アジア共通農業政策の可能性
 /小括

第6章 高齢者の安全保障………………尹 文九
 アジアの人口変動の特徴と展望/少子・高齢化
 が社会に及ぼす影響/人間の安全保障としての
 高齢者をめぐる課題/人間の安全保障共同体へ
 向けて

第7章 医療・社会保障改革への提言
          ……………………仁木博文
 はじめに/財政の現状/医療のあり方/社会保
 障の仕組み/社会保障と税の一体改革

第8章 教育改革への基本的提言………柳平 彬
 はじめに/教育基本法の問題点―道徳教育は失
 敗したか/教育と学問の分離論/啓育基本法の
 中心に「志(こころざし)」

第9章 日本のポテンシャルとイニシアティブ
    ―汝自身を知れ! ……………宅間 克
 はじめに/日本とは何か─概念作用の国(homo
 conceptence)/日本のポテンシャル/日本のイ
 ニシアティブ

第10章 新技術に基づくヒューメイン・シティー
    (Humane City)の提言………… 岩浅昌幸
 はじめに/人間の安全保障からみたヒューメイ
 ン・シティーの必要性/諸外国におけるエコシ
 ティーの取組/日本の豊富なエネルギー・資源
 の活用/新技術に基づくヒューメイン・シティ
 ーの提言

第11章 人間の安全保障…………………田村正勝
    ―近代文明の危機とその超克
 危機の本質は文明の分かれ道/中央集権国家体
 制を超克する動きとコミュニティの再生/克服
 されるべき経済主義―中小企業の談合とワーク
 シェアリング

あとがき
執筆者紹介
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索