書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ヨーロッパ統合とフランス
副題 偉大さを求めた1世紀
著者 吉田徹
判型 A5判
頁数 326頁
発行年月 2012年7月
定価 本体3,200円+税
ISBN ISBN978-4-589-03433-5
ジャンル 政治学
本の説明 フランスという国民国家が、主権の枠組を超える欧州統合をいつ、なぜ、どのように実現していったか。経済危機に直面する欧州の深層を探るべく、第一線の研究者と元仏外相が共同執筆。

    
目次 はしがき

序 章 フランスと欧州統合―偉大さと葛藤と
         ……………………吉田 徹

■第T部 欧州統合構想の歴史■

第1章 戦前の欧州統合の系譜T
     ―政治的構想(1920−1930年代)
         ………………………上原良子

第2章 戦前の欧州統合の系譜U
     ―経済的構想
         (19世紀末−第二次世界大戦)
         ………………………廣田 功

第3章 フランスの没落と欧州統合構想
     ―再興に向けての模索(1940−1946年)
         ……………………宮下雄一郎


■第U部 欧州統合の具現化と限界■

第4章 戦後復興と欧州統合
     ―冷戦開始の中での模索と確立
               (1947−1950年)
         …………上原良子・廣田 功

第5章 欧州統合の具現化
     ―転換期におけるフランスの
        統合政策の進展(1950−1958年)
         ………………………廣田愛理

第6章 フランスのヨーロッパを求めて
     ―ド・ゴール政権の10余年と
     「フランス」の再定義(1958−1969年)
         ………………………川嶋周一


■第V部 欧州統合への本格的始動■

第7章 経済危機の中のフランス
     ―欧州統合再起動の試み
               (1969−1979年)
         ………………………廣田 功

第8章 「我らの祖国はフランス、
         我らの未来はヨーロッパ」
     ―ミッテランによる再起動と
          ドイツ統一(1981−1992年)
         ………………………吉田 徹

第9章 フランスらしさの喪失?
     ―冷戦終焉、欧州連合の設立と
      フランス政治の変容(1992−1999年)
         ………………………浅野康子

第10章 遠ざかるヨーロッパ
     ―フランスの夢の終焉と
      グローバル化の現実(2000−2012年)
         ………………………鈴木一人

終 章 ヨーロッパ
     ―国民国家と連邦主義の狭間で
         ……ユベール・ヴェドリーヌ
               (吉田 徹 訳)


より詳しく知りたい人のためのブックガイド
人名索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索