書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 介護事故の法政策と保険政策
著者 長沼建一郎
判型 A5判
頁数 404頁
発行年月 2011年12月
定価 本体5,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03378-9
ジャンル 社会保障法 社会保障・社会福祉
本の説明 介護事故をめぐる法的紛争の構造を裁判事例を中心に考察する。法政策と保険政策が交錯するなか、保険スキームによるリスク分散のあり方も含め、総合的視点および政策的対応を提示。

  
目次 はしがき

第1章 研究対象としての介護事故
 本書のテーマと目的/介護事故の典型的事例と
 問題の所在/介護事故研究の意義/介護事故に
 かかる概念規定/本研究の視座/本書における
 研究対象の限定/本書の構成

第2章 介護事故に関する調査・統計・先行研究
    の概観
 はじめに―問題の所在と本章の構成/介護事故
 に関する事例調査/介護事故に関する統計数値
 /介護事故に関する先行研究の検討

第3章 介護事故の法制度的位相
 はじめに―問題の所在と本章の構成/介護事故
 の法的紛争としての独自性と法的評価の困難性
 /介護事故の法制度的位相/安全性と価格/注
 意義務の判断基準/まとめに代えて

第4章 介護事故の概念規定と裁判例の収集
 はじめに―問題の所在と本章の構成/介護事故
 の概念規定/介護事故の裁判例の収集/隣接領
 域の事故との関係/2000年以前の裁判例におけ
 る介護事故に類似する事案の位置づけ

第5章 介護事故の裁判例の概括的検討
     ―裁判事案と判決の全般的傾向
 はじめに―問題の所在と本章の構成/介護事故
 の裁判例とその分類/裁判事案の全般的な傾向
 /まとめに代えて
 【介護事故の裁判例(2000〜2010年)の概要】

第6章 介護事故の裁判例の横断的分析
 はじめに―問題の所在と本章の構成/事案類型
 ごとの事故の発生プロセス/誤嚥事案の検討/
 転倒事案の検討/「その他の不測の事故」事案
 の検討/総合的分析の試み(1)―当事者に即し
 た分析/総合的分析の試み(2)―事案類型によ
 る比較/総合的分析の試み(3)―体系的な位置
 づけの試み/まとめに代えて

第7章 介護事故の金銭的賠償と賠償責任保険
 はじめに―問題の所在と本章の構成/賠償責任
 保険の意義と普及動向/介護事業者向け保険商
 品の概要/賠償責任保険が裁判所の法的判断に
 及ぼす影響/賠償責任保険が事業者の行動に及
 ぼす影響/加入強制にかかる論点/まとめに代
 えて

第8章 介護事故による人身損害と保険政策
    ―賠償責任保険と定額保険スキームによ
     る対応
 はじめに―問題の所在と本章の構成/介護事故
 の性格と介護サービスの安全性/現行の賠償責
 任保険による対応/オルタナティブの検討(1)
 ―無過失補償スキームによる対応/オルタナテ
 ィブの検討(2)―定額保険スキームによる対応
 /オルタナティブの検討(3)―賠償責任保険と
 定額保険スキームの組み合わせによる対応/保
 険スキームの組み換えと法的評価および実務と
 の接合/まとめに代えて―介護サービス契約お
 よび公的介護保険との関係

第9章 介護サービス契約の法的構造と
    介護サービスの安全性
    ―社会保険スキームとの関係を中心に
 はじめに―問題の所在と本章の構成/保険対象
 となる介護サービス契約とそれ以外との比較/
 介護サービス契約の法的構造からの把握/社会
 保険スキームの役割と安全性の位置づけ/介護
 事故における法的責任との関係/まとめに代え
 て

第10章 総括と展望
 総括/今後の展望

参考文献
あとがき
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索