書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 社会保障と税制
シリーズ 租税理論研究叢書20
著者 日本租税理論学会
判型 A5判
頁数 162頁
発行年月 2010年10月
定価 本体3,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03306-2
ジャンル 行政法
本の説明 これからの日本社会にとって不可欠のテーマである社会保障と税制のあり方を、年金財源論からベーシック・インカム論まで現状分析と基礎理論から総合的に考察する。
目次 はしがき


◇T◇シンポジウム 社会保障と税制
 1 年金の財源問題・・・・・・・・・・・・・・・・・・坂本忠次
 2 社会保障給付・負担の国際比較と
  10兆円増税論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内山 昭
 3 J.S.ミルにおける租税論と富の格差是正
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大畑智史
 4 給付付き税額控除の現状と課題
   ―アメリカのEITCの経験をふまえて
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・望月 爾
 5 討論 社会保障と税制
        ・・・・・(司会)鶴田廣巳・浪花健三

◇U◇個別報告
 経済環境の変化と法人税法・・・・・・・・谷川喜美江


◇V◇特別講演
 これからの日本の税制のあり方と展望
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・古川元久
◇W◇書評
 内山昭『分権的地方財源システム』
  (法律文化社、2009年)・・・・・・・・・・・・・纉c但馬


日本租税理論学会規約

日本素材理論学会会員名簿
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索