書籍紹介

書籍名 質的調査の方法
副題 都市・文化・メディアの感じ方
著者 工藤保則寺岡伸悟宮垣元
判型 A5判
頁数 174頁
発行年月 2010年1月
定価 本体2,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03223-2
本の説明 第一線で活躍する著者らが、自身の調査・研究の全過程を可視化。それぞれの経験から、テーマの見つけ方、調査の方法、分析・考察の手法、報告の仕方までをわかりやすく解説。社会調査士資格取得カリキュラムFに対応。

    

第2版が刊行されております

この書籍は品切につき入手できません
目次 はじめに


 ■第T部 質的調査への入り方■

第1章 質的調査へのいざない
  ◇すぐ近くにある調査の扉を開けてみよう

第2章 質的調査の歴史と考え方
  ◇「調べること」のおもしろさを深めよう

第3章 質的調査の特徴・魅力・難しさ
  ◇調査をはじめる前に


 ■第U部 質的調査の進め方■

第4章 観察法
  ◇まず「日常」を記録しよう

第5章 参与観察法
  ◇「バイク便ライダー」の世界をどのように知るか?

 COLUMN1 「フィールドへの引きこもり」とその予防・
     対処法

第6章 インタビュー法
  ◇「エンコー」から何がみえるか?

第7章 ライフストーリー法
  ◇いかに「具体的な人間」を描くことができる
   のか?

 COLUMN2 量的調査からみた質的調査

第8章 文化資料分析法
  ◇「歌詞」から社会をみわたせるか?

第9章 映像分析法
  ◇「アニメ」のどこをどう読むか?

 COLUMN3 テレビと調査の関係って…?
 
第10章 生活財生態学法
  ◇アートと日記をフィールドワークする

 COLUMN4 「追体験調査」のすすめ


 ■第V部 質的調査のまとめ方■

第11章 質的調査と調査倫理
  ◇社会的行為としての社会調査

第12章 質的調査の表現とふりかえり
  ◇調査の「終わり方」の重要性

 COLUMN5 質的調査文献案内


あとがき
事項索引
  
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索