書籍紹介

書籍名 請負労働の法的研究
著者 田思路
判型 A5判
頁数 310頁
発行年月 2010年1月
定価 本体6,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03221-8
本の説明 日本および中国の請負労働者の就業実態と問題点を整理。法的保護の必要性等を実証的に考察し、立法課題を提示する。労働者概念を再検討するとともに、請負労働者保護をめぐる国際的動向についてもILOの議論を中心に言及する。



この書籍は品切につき入手できません
目次 はしがき

第1章◇日本における請負労働の現状と法的課題
  1 はじめに
  2 請負労働の現状と背景
  3 請負労働の概念をめぐる諸問題
  4 労働者の概念について
  5 労働者性の判断基準と問題点
  6 請負労働者保護に関する学説と評価
  7 労働契約法制の適用対象の範囲

第2章◇中国における請負労働の現状と法的課題
  1 はじめに
  2 問題の提起
  3 請負など非典型雇用の発展背景
  4 請負労働の現状と特徴
  5 請負契約に関する法的理論
  6 問題点と法制度の整備
  7 台湾・香港の請負労働

第3章◇「請負労働者」保護をめぐる
    国際基準と動向 ―ILOの議論を中心に―
  1 はじめに
  2 ILO総会における請負労働者保護議題の
    背景と検討経過
  3 第1次討議(ILO 1997年第85回総会)
  4 第2次討議(ILO 1998年第86回総会)
  5 「雇用関係の範囲」の討議
         (ILO 2003年第91回総会)
  6 「雇用関係に関する勧告」の採択
         (ILO 2006年第95回総会)
  7 雇用関係に関する日中認識の比較分析
  8 ILO加盟諸国における雇用関係の範囲

終 章

参考文献
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索