書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 グローバリゼーションと税制
シリーズ 租税理論研究叢書18
著者 日本租税理論学会
判型 A5判
頁数 220頁
発行年月 2008年11月
定価 本体4,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03134-1
ジャンル 行政法
本の説明 法人税減税の財源確保のため、その方策とされる消費税増税。日本の法人税は、ほんとうに高いのか。法人課税・個人所得課税・減価償却制度など税制をめぐる様々な課題についての国際的比較・分析から税制のあるべき姿を説く。

目次 はしがき


T シンポジウム グローバリゼーションと税制

 1 法人税負担の動向とグローバリゼーション
                 三好ゆう
 2 アメリカ・サービス貿易の拡大と移転価格税制
                 中村雅秀
 3 グローバリゼーションと法人所得課税
                 菅 隆徳
 4 グローバリゼーションと個人所得課税
                 武石鉄昭
 5 グローバリゼーションと減価償却制度
                 小林弘知
 6 EUにおける法人税の課税ベースの統合
                 青木 丈
 7 信託による法人課税の回避とサブプライム問題
                 浦野晴夫
 8 〈討論〉 グローバリゼーションと税制
         (司会)浦野広明/湖東京至


U あいさつ

 1 理事長退任のあいさつ
                 北野弘久
 2 新理事長のあいさつ
                 安藤 実


日本租税理論学会規約
日本租税理論学会役員名簿
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索