書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 世界の「有事法制」を診る
著者 水島朝穂編著
判型 A5判
頁数 244頁
発行年月 2003年5月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN4-589-02671-6
ジャンル 憲法
本の説明 主要9カ国における緊急事態法制の現況と問題点を批判的に検討する。それぞれの国が抱える歴史的背景・複雑な事情や批判的議論から、日本の「有事法制」を論じる際に必要な視角と争点を抽出する。

目次 目次
 序 どこの国にもあるから?――――水島朝穂
第I編  アメリカ
 1 アメリカの「有事」のいま――――山本千晴
  1 はじめに
  2 「パトリオット法」(H.R.3162 USA)
 2 アメリカの戦争権限――――山本千晴
     ――大統領と議会の分配構造の検討
  1 はじめに
  2 合衆国憲法における戦争権限の分配構造と問題点
  3 大統領の権限拡大の展開
  4 戦争権限法(WAR POWER RESOLUTION)
  5 むすび
 3 9.11後のJUST WAR DOCTRINE―――馬奈木厳太郎
  1 はじめに、
  2 JUST WAR DOCTRINE
  3 オータナティブの模索
  補論 イラク戦争――アメリカと日本
第U編  ドイツ
 4 ドイツの「有事法制」のいま――――水島朝穂
 5 ヴァイマール憲法48条2項における
     大統領非常事態権限――――小倉 大
  1 はじめに
  2 48条2項の法構造とその問題性
  3 48条2項の制定過程
  4 48条2項の解釈論上の問題点
  5 むすびにかえて
 6 ドイツ基本法の戦闘性――――渡辺 洋
  1 はじめに――「たたかう民主制」とは?
  2 「たたかう民主制」の戦闘性
  3 「たたかう民主制」の危うさ
  4 「たたかう民主制」の行方
 7 ドイツ基本法と「緊急事態憲法」――――水島朝穂
     ――日本の「有事法制」論議への視点
  1 はじめに――緊急権を徹底的に制度化すると……
  2 10年かけた「憲法的妥協」
  3 緊急権濫用を防ぐ憲法的安全装置
  4 日本の「有事法制」論議への視点
第V編  諸 国
 8 フランスの「有事法制」――――村田尚紀
  1 はじめに
  2 合囲状態
  3 緊急状態
  4 大統領非常権限
  5 民間防衛
  6 むすび
 9 イギリスの緊急事態法制――――柳井健一
  1 はじめに
  2 緊急事態に関するコモン・ロー上の権限
  3 戒厳令(マーシャル・ロー)
  4 平時における緊急権限
  5 戦時における緊急権限
  6 テロリズム
  7 おわりに
10 インドの「有事法制」―――稲 正樹
  1 はじめに
  2 軍(特別権限)法
  3 テロ防止法
  4 おわりに
11 現代韓国憲政史における国家緊急権――――宋 石允
  1 はじめに
  2 歴代憲法における国家緊急権とその発動
  3 戦争国家の形成と戒厳令
  4 戦争国家の維持・強化と戒厳令
  5 「非常事態」における立法
  6 国家緊急権の統制
  7 結論に代えて
12 韓国の「有事法制」――――山本勇二
  1 はじめに
  2 韓国における非常事態と戒厳法
  3 有事法と危機管理体制
  4 非常事態と米韓協定
  5 民間防衛体制
  6「有事法制」の変化も
13 緊急事態対処制度としてのスイスの民間防衛
                  ――――奥田喜道
  1 民間防衛が制度化されている風景
  2 緊急事態法制の中での民間防衛の位置づけとその概要
  3 民間防衛が抱える問題
  4 近時の改革の要点
14 コスタリカの「有事法制」――――田部知江子
  1 はじめに
  2 コスタリカと「有事法制」
  3 民主的な国づくり
第W編  日 本
15 「有事法制」と「国民保護法制」――――水島朝穂
  1 はじめに
  2 「有事」関連3法案審議の特徴点
  3 「国民保護法制」とは何か
  4 「国民保護法制」と「民間防衛」
  5 むすび――第2幕への視点
16 メディアと「有事法制」――――立山紘毅
     ――政府とメディアと世論が協働して作り出す「有事体制」
  1 メディアは戦争の友か敵か
  2 総力戦体制としてのメディア
  3 「個人の噴出」の時代に
17 占領下沖縄における「民間防衛計画」――――馬奈木厳太郎
  1 はじめに
  2 沖縄と「日本国」憲法
  3 民間防衛計画
  4 若干の検討
 あとがき
 資料・各国の「有事」関連法
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索