• TOP 
  • > 近刊・改訂

近刊・改訂

※下記書誌情報は変更になる場合があります

近刊

社会資本(ソーシャル・キャピタル)の政治学
民主主義を編む
著者:河田潤一著
予価:本体4000円+税
判型・頁数:A5判・202頁
発行予定:2017年4月
アメリカにおける草の根の政治的実践の考察を中心として、人々のつながりを生み出し、社会への信頼感を高め、自発的な協働作業を促す社会資本(ソーシャル・キャピタル)醸成のカギと民主主義の活発化条件を探る。
社会資本(ソーシャル・キャピタル)の政治学
実務 知的財産権と独禁法・海外競争法
技術標準化・パテントプールと知財ライセンスを中心として
著者:滝川敏明著
予価:本体2800円+税
判型・頁数:A5判・194頁
発行予定:2017年4月
知的財産権[特許権]に関わる企業活動と米EU日中競争法との関係を解説。丁寧な基礎知識解説、図表と豊富な具体例で、企業活動の競争法上の問題点と適用範囲がよくわかる。
実務 知的財産権と独禁法・海外競争法
生活困窮者支援で社会を変える
著者:五石敬路・岩間伸之・西岡正次・有田朗編
予価:本体2400円+税
判型・頁数:A5判・236頁
発行予定:2017年4月
福祉、雇用、教育、住宅等に関連した既存の制度や政策の不全に対して、生活困窮者支援をつうじて、地域社会を変える必要性と、それを可能にするアイデアを提起する。「孤立と分断」に対するひとつの打開策を明示した書。
21世紀の東アジアと歴史問題
思索と対話のための政治史論
著者:田中仁編
予価:本体3000円+税
判型・頁数:A5判・230頁
発行予定:2017年4月
グローバル大国化した中国の出現による21世紀東アジアの構造変動を基調に、その内実を通時的・共時的に再構成し、日本と中国・台湾・韓国との関係性を照射。東アジアに通用する「歴史の語り」を構想するための素材を提供する。
21世紀の東アジアと歴史問題
入門・社会統計学
2ステップで基礎から[Rで]学ぶ
著者:杉野勇著
予価:本体2800円+税
判型・頁数:A5判・252頁
発行予定:2017年4月
統計分析フリーソフト“R”を用いて、社会統計学の専門的な知識を基礎と発展とに分けて解説。サポートウェブサイトを開設し、さらに懇切丁寧に手解きする。社会調査士資格取得カリキュラムD・E・Iに対応。
入門・社会統計学

改訂予定

ハイブリッド民法5 家族法〔第2版補訂〕
[ハイブリッド民法5]
著者:半田吉信・鹿野菜穂子・佐藤啓子・青竹美佳著
予価:本体3200円+税
判型・頁数:A5判・398頁
発行予定:2017年3月
学部と法科大学院双方の民法教育をつなぐ好評シリーズの補訂版。基礎から応用まで、多面的かつアクセントをつけて解説・展開。第2版(2012年刊)以降の学説・判例の動向や法改正に対応。
ベーシックテキスト憲法〔第3版〕
著者:君塚正臣編
予価:本体2600円+税
判型・頁数:A5判・368頁
発行予定:2017年4月
各章の冒頭にて学習ポイントと論点を整理し、本文では重要個所を強調。暗記型ではなく考えながら基本をしっかり学べる憲法学の基本書。第2版刊行の2011年以降の違憲判決や関連動向を踏まえ、全面的に補訂。
歴史から読み解く日本国憲法〔第2版〕
著者:倉持孝司編
予価:本体2600円+税
判型・頁数:A5判・264頁
発行予定:2017年4月
旧版(2013年)以降の時代状況に即して、内容を大幅に更新・コラムを差替え。戦後憲法の原点と現在をより深く読み解くため、沖縄および家族の章も新設した。
歴史から読み解く日本国憲法〔第2版〕
行政法の基本〔第6版〕
重要判例からのアプローチ
著者:北村和生・佐伯彰洋・佐藤英世・高橋明男著
予価:本体2700円+税
判型・頁数:A5判・376頁
発行予定:2017年4月
各種公務員試験受験者を念頭に重要判例から学説を整理した好評書の改訂版。最新法令・判例の追加を行うとともに、各章冒頭の導入部分や新聞記事、コラムなどを大幅に刷新し、行政法の現在の動向がわかるように工夫。
行政法の基本〔第6版〕
クローズアップ憲法〔第3版〕
著者:小沢隆一編
発行予定:2017年5月
新版 国際関係論へのファーストステップ
著者:中村都編著
発行予定:2017年5月
憲法とそれぞれの人権〔第3版〕
著者:現代憲法教育研究会編
発行予定:2017年9月
都市法概説〔第3版〕
著者:安本典夫著
発行予定:時期未定
日本政治ガイドブック〔第2版〕
著者:村上弘著
発行予定:時期未定
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索