• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 法律
  • > 国際関係法

書籍ジャンル検索

法律

国際関係法

レクチャー国際取引法〔第2版〕
[国際関係法]
松岡博 編
A5判・308ページ・本体3,000円+税
問題志向型アプローチに基づく設例の具体的叙述と、コラムや図表を通じた親しみやすさを追求した入門書の改訂版。国際ビジネスの実務動向を反映させたほか、新規立法や重要判例にも目配りをして内容をアップデート。

    
レクチャー国際取引法
[国際関係法]
松岡博 編
A5判・306ページ・本体3,000円+税
問題指向型アプローチをベースに、事例をあげて具体的叙述に心がけた。コラムを使うなど初学者にもわかりやすい入門書。国際裁判管轄規定(民訴法改正)についても詳しく言及。

  

改訂版が刊行されております

この書籍は品切につき入手できません
概説 国際物品売買条約
[国際関係法]
潮見佳男 ・中田邦博 ・松岡久和 編
A5判・240ページ・本体3,800円+税
日本法との関連を意識して丁寧に解説し、国際物品売買条約の基本事項から全体像まで把握できるよう工夫した概説書。本条約は数年後の債権法改正にも影響を与えるとされ、実務家や国際私法・民法を学ぶ学生にも有用。

  
注釈 国際統一売買法U
[国際関係法]
甲斐道太郎 ・石田喜久夫 ・田中英司 ・田中康博 編
A5判・360ページ・本体5,900円+税
世界的な統一法では歴史上最大規模といわれる「国際動産売買に関する国連条約(国際統一売買法=CISG)」のわが国で初めての本格的なコンメンタール(逐条注釈書)。U巻では101カ条のうち後半の53条〜101条を注釈。巻末に全条文訳、総索引を付す。
航空機ファイナンスにおける担保制度統一の分析
[国際関係法]
佐藤育己 著
A5判・180ページ・本体4,400円+税
近年の航空機市場の急速な拡大と効率化に、法はどのような役割・機能をはたしているのかを考察、解明。法解釈学の枠にとどまらない画期的な考察は、日本における学術的な議論の空白を埋め、新たな学際的対話の可能性を示す。

    
EU環境法の最前線
[国際関係法]
中西優美子 編
A5判・240ページ・本体3,200円+税
EUが世界に先駆けて設定している環境規制基準の内容・性質を概観したうえで日本の読者が注目する環境影響評価、地球温暖化対策、動物福祉、生物多様性保護、海洋生物保護、遺伝子組み換え規制、原子力規制等を具体的に検討。

    
概説EU環境法
[国際関係法]
中西優美子 著
A5判・316ページ・本体3,900円+税
EU環境法の歴史、構造、原則、手続をおさえ、エネルギー法を含む個別分野を詳細に解説。EU判例・規則等のほか、独仏等、構成国の法律・裁判の動向にも言及。一次資料、詳細な索引(事項、判例、措置別)、資料の読み方まで解説する、この分野の必読文献。
EUの法秩序と経済秩序
[国際関係法]
エルンスト‐ヨアヒム・メストメッカー 著/早川勝 訳
A5判・244ページ・本体7,000円+税
EUの法制度と契約・権利および競争についての理念の変遷をたどり、現在直面している諸問題に対する法的解決の方向性を提示する。著者の最近の論文11編を3つの分野にわけて収録。

  
ハーグ条約の理論と実務
[国際関係法]
大谷美紀子 ・西谷祐子 編著
A5判・338ページ・本体5,200円+税
日本のハーグ条約批准から7年。現状と問題点を整理。国内実施法の制度や判例の紹介、さらに離婚や子の監護権・面会交流に関する渉外事件の実務で必須となる考え方を解説。日本と関係が深い5カ国の実施状況を紹介。研究者、弁護士、法務省・外務省担当者の共同研究の成果。

    
人権法の現代的課題
[国際関係法]
中西優美子 編
A5判・244ページ・本体5,600円+税
憲法や国際法において人権問題がどのように扱われているのかを深く分析。EU、欧州評議会などのヨーロッパの法制度を概観したうえで、日本を含むアジアの人権問題に目を向ける。EU共通庇護制度、女性への暴力規制、表現の自由など、個別の重要テーマも取り上げる。

    
前へ 1 2 3 次へ

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索