検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名
著者名 水島朝穂
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

18歳からはじめる憲法〔第2版〕
[憲法] [〈18歳から〉シリーズ]
水島朝穂 著
B5判・128ページ・本体2,200円+税
18歳選挙権が実現し、これまで以上に憲法についての知識と問題意識が問われるなか、「憲法とは何か?」という疑問に応える。最新の動向をもりこみ、水島憲法学のエッセンスをわかりやすく伝授する好評書の待望の改訂版。

    
18歳からはじめる憲法
水島朝穂 著
B5判・120ページ・本体2,200円+税
「現場へのこだわり」「何のための憲法か」「原点からものをみる」という3つの視点から、抽象的な憲法の世界をわかりやすく解説する。水島憲法学のエッセンスを次世代の18歳に伝授する。

立ち読み (18歳からはじめる憲法)
20〜21ページ
22〜23ページ
30〜31ページ
      

第2版が刊行の予定です

この書籍は品切につき入手できません
映画で学ぶ憲法
[憲法]
志田陽子 編
A5判・210ページ・本体2,300円+税
映画を題材に、憲法について考え学ぶための入門書。現実そのものでない〈映画〉と現実の歴史から生まれた〈憲法〉を行き来する作業を通じて、憲法の抽象的な規範をリアルな現実から捉える思考力と想像力を養う(約50作品を所収)。

      
ヒロシマと憲法〔第4版〕
[憲法]
水島朝穂 編著
A5判・296ページ・本体2,800円+税
世界の〈ヒロシマ〉と一地方都市〈広島〉を憲法学の視角から結びつけ、平和主義と人権を基軸に具体的な問題を取り上げ、日本国憲法の今日的意味を再確認する。第3版刊行(1997年)以降、5年余りの状況変化をふまえ全体を見直した。
オキナワと憲法
仲地博 ・水島朝穂 編
A5判・252ページ・本体2,700円+税
沖縄が照射する憲法の現在とその真価は−沖縄特有の問題や事件を素材に、平和と人権という価値観に加え、平和と自治という視点から沖縄の問題を論じ、憲法を検証する。「沖縄から考える」ユニークな憲法入門書。



この書籍は品切につき入手できません
改憲論を診る
[憲法]
水島朝穂 編著
A5判・210ページ・本体2,000円+税
改憲論の問題状況を立憲主義の立場からわかりやすく診断する。憲法調査会・各政党・メディア・文化人・経済界等の改憲論議を整理し、改憲論を診る素材と視角を提供するとともに、改憲論の内在的矛盾を照射する。
世界の「有事法制」を診る
[憲法]
水島朝穂 編著
A5判・244ページ・本体2,600円+税
主要9カ国における緊急事態法制の現況と問題点を批判的に検討する。それぞれの国が抱える歴史的背景・複雑な事情や批判的議論から、日本の「有事法制」を論じる際に必要な視角と争点を抽出する。

検証 防空法
[憲法]
水島朝穂 ・大前治 著
A5判・276ページ・本体2,800円+税
「逃げるな、火を消せ」。空襲被害を拡大させた防空法制。この成立、展開、消滅の過程を通じて、空襲被害の深部に潜む構造的問題を解明。防空法制を想起させる設計思想をもつ国民保護法制等の検討にも有益な視点を提示。

        
現代韓国の安全保障と治安法制
徐勝 編
A5判・294ページ・本体3,300円+税
軍事・治安法制の歴史的過程を概括するとともに、アメリカの軍事戦略の影響下にある現代韓国の安全保障をめぐる現況を日韓比較の視点から分析する。東北アジアにおける平和構築を志向した日韓共同研究の成果。

この書籍は品切につき入手できません
平和を考えるための100冊+α
[平和学]
日本平和学会 編
A5判・300ページ・本体2,000円+税
平和について考えるために読むべき名著を解説した書評集。古典から新刊まで定番の書物を厳選し、要点を整理・概観。平和でない実態を知り、多面的な平和に出会うことができる。

          
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索