検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名
著者名 須藤陽子
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

過料と不文の原則
[行政法]
須藤陽子 著
A5判・182ページ・本体3,800円+税
「過料とは何か」また「なぜ過料なのか」につき、立法史・学説史からその変遷を考察。行政法と刑法がクロスする領域から「行政罰」「秩序罰」の目的と内実を問い、その生成と展開を立法および理論から追究。広く法領域を横断し根源的に問うことで過料制度におけるすべての論点を明示する。

    
行政強制と行政調査
[行政法]
須藤陽子 著
A5判・244ページ・本体4,800円+税
日本の「強制の仕組み」の画期となった占領期とそれ以前の学説・実務に着目し、占領された側の視角から整理。「即時強制」「行政上の強制執行」「行政調査」の3つの概念の相関性を占領期の議論に焦点をあて明らかにする。

    
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索