検索結果一覧

検索条件

検索カテゴリ 条件
書籍名
著者名 志田陽子
発行年  
キーワード
ジャンル

※検索結果はジャンル順です。

検索結果一覧

合格水準 教職のための憲法
[憲法]
志田陽子 編著
A5判・304ページ・本体2,500円+税
教職課程および教員採用試験に対応した「憲法」の標準テキスト。学校現場にかかわる人権判例や教育者に必要な人権感覚にかかわる具体例を多く取り上げ、憲法概念との接点を丁寧に解説。各章末には試験対策のための「教員採用試験エクササイズ」を、随所に教育現場で役立つコラムを掲載。

    
映画で学ぶ憲法
[憲法]
志田陽子 編
A5判・210ページ・本体2,300円+税
映画を題材に、憲法について考え学ぶための入門書。現実そのものでない〈映画〉と現実の歴史から生まれた〈憲法〉を行き来する作業を通じて、憲法の抽象的な規範をリアルな現実から捉える思考力と想像力を養う(約50作品を所収)。

      
プリマブック憲法〔第2版〕
浦田賢治 編
A5判・274ページ・本体2,600円+税
憲法をより理解しやすくするため、まず第1編で日本国憲法を概観し、第2編でテーマごとに事例を用いて解説した入門書。「平和原則と国際協力」など最近のテーマを追加し、事例を新しいものに刷新した最新版。

この書籍は品切につき入手できません
なぜ表現の自由か
[憲法]
阪口正二郎 ・毛利透 ・愛敬浩二 編
A5判・262ページ・本体3,000円+税
なぜ表現の自由は保障されるべきなのか!規制へのたゆまぬ警戒が必要との問題意識に基づき、「表現の自由」の保障の意義とあり方を、憲法学の成果を踏まえて論究。ヘイトスピーチ・報道・性表現への規制や「忘れられる権利」などインターネットをめぐる新たな課題なども含め表現の自由を取り巻く現況を考察。

    
文化戦争と憲法理論
[憲法]
志田陽子 著
A5判・328ページ・本体6,200円+税
文化や道徳をめぐる価値観が政治争点となることで、軋轢を加速させる「文化戦争」。そのアメリカでの状況と憲法問題性、人権への影響、憲法的解釈の可能性をさぐる。日本での日の丸・君が代問題、歴史教科書問題、夫婦別姓問題など現代的課題にも示唆を与える。
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索