• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 法律
  • > 諸法

書籍ジャンル検索

法律

諸法

ハンセン病差別被害の法的研究
[諸法]
森川恭剛 著
A5判・332ページ・本体5,500円+税
ハンセン病隔離政策がもたらした差別被害の実態を法的に究明。らい予防法の違憲性と実質を差別と捉えた熊本地裁判決では言及されなかった沖縄のハンセン病隔離政策について、戦前から復帰後にわたる歴史的展開の全貌を実証的に明らかにする。
ハンセン病と平等の法論
[諸法]
森川恭剛 著
A5判・234ページ・本体3,000円+税
ハンセン病への差別を史的・根源的に問いただし、フーコー権力論から平等の法論を展開、考察する。マイノリティにかかわる正義と、ヒトの社会に根源的な「匡正」の平等を提起。

  
日本の葬送・墓地
[諸法]
森茂 著
A5判・412ページ・本体7,300円+税
明治以降日本は、近代化とともに土葬から火葬に転換してきた。墓地・埋葬法制を辿り、今後の葬送のあり方・墓地政策・立法に示唆を与える。実態例として横浜市の条例の変遷を検証。

    
世界の葬送・墓地
[諸法]
森茂 著
A5判・340ページ・本体5,600円+税
土地の習俗や人々の宗教的感情を尊重しつつ社会情勢に即して展開されなければならない墓地行政。中国(少数民族を含む)を軸に、欧米各国、ネパールの10カ国を対象に、葬送・墓地に関する現行法政を解説する。気候風土、宗教との関わりにも論及。

  
教育法の現代的争点
[諸法]
日本教育法学会 編
A5判・410ページ・本体3,800円+税
2006年改訂教育基本法後、教育現場では管理と統制が強まっている。〈権利としての教育〉という視座から、変容する教育法のありかたを原理・法制・争訟という3つの側面に即して理論的に究明する。喫緊の課題へ真摯に応答し、今後の展望を拓く。

      
前へ 1 2 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索