• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 法律
  • > 行政法

書籍ジャンル検索

法律

行政法

これからの地方自治を考える
[行政法]
中川義朗 編
四六判・336ページ・本体2,900円+税
13のテーマのもと、グローバルの視点を横軸に、実態・課題・展望を縦軸に「地域主権」を理念に掲げるこれからの地方自治の本質に迫ったアクチュアルな入門書。

  
アクチュアル地方自治法
[行政法]
白藤博行 ・村上博 ・米丸恒治 ・渡名喜庸安 ・後藤智 ・恒川隆生 著
A5判・300ページ・本体3,100円+税
展開著しい地方自治制度改革の動向をフォローし、アクチュアルな論点・争点を積極的に取り上げた地方自治法のテキスト。最新の学説・判例・行政実例をふまえ、憲法の価値基準を意識して解説。

  
ファンダメンタル地方自治法〔第2版〕
[行政法]
高田敏 ・村上武則 編
A5判・330ページ・本体2,800円+税
2005年の行政手続法、2006年の地方自治法をはじめ諸法令の改正を踏まえて当該箇所を中心に改訂したバージョンアップ版。叙述の見直し、判例等の追加により、さらにわかりやすくなった概説書の最新版。

  
「地方自治の本旨」と条例制定権
[行政法]
南川諦弘 著
A5判・384ページ・本体7,400円+税
条例制定権の範囲と限界を判例を手がかりに検証。特別意義論の解釈により、自治権としての同権の実質的な保障と地方自治制度の確立、地方自治行政における法治主義の徹底を図る。

  
都市法概説〔第2版〕
[行政法]
安本典夫 著
A5判・358ページ・本体3,200円+税
都市住宅法務の基本的骨格と機能を概説した体系的教科書。判例や理論的問題に言及するとともに、図解を多用し、難解な法理の理解を助ける。初版刊行(08年)以降の動向をふまえた最新版。

    

第3版が刊行の予定です
都市計画法の探検
[行政法]
久末弥生 著
四六判・152ページ・本体2,400円+税
持続可能な都市を成立させるためにはなにが必要なのか。都市計画訴訟制度の充実化を進めるフランスの動向をその起源からさかのぼり、ていねいに整理・分析することで、今後の日本における都市計画法制のあり方を問う。
〔第25回(2016年度)国際公共経済学会学会賞受賞〕

    
都市環境行政法論
[行政法]
岩橋浩文 著
A5判・330ページ・本体6,600円+税
行政法学の立場から、都市環境空間における地区レベルの公共的利益を「地区集合利益」として識別し、それを保護する理論的枠組みとその効果を実証的に提唱する。
〔第37回東京市政調査会藤田賞受賞〕
〔2011年度自治体学会研究論文賞受賞〕

  
現代の行政活動と市民
[行政法]
安藤高行 著
A5判・230ページ・本体4,500円+税
現代の行政活動の展開と規制のありさまを、日本とイギリスの違いに着目して論究。著者の長年の実務と研究で培った問題意識に基づき、情報公開・地方オンブズマン・センサスに関する判例や制度の問題点を具体的に指摘する。
アメリカ連邦税財政法の構造
[行政法]
石村耕治 著
A5判・470ページ・本体9,000円+税
著者のアメリカ税財政法研究のうち連邦にかかわる諸問題の分析・研究を集大成。今後の税財政法学の課題ともいえる「高度情報化する課税庁と納税者の権利」にかかわるテーマを中心に諸問題を分析・研究、納税者権論を展望する。
ドイツ州民投票制度の研究
[行政法]
村上英明 著
A5判・518ページ・本体8,500円+税
ドイツの各州憲法において採用されている州民投票制度のしくみ、採用に際しての議論および運用の実態を紹介し、わが国における住民投票制度をめぐる議論のための理論的かつ実践的な検討素材を提供する。
前へ 1 2 3 4 5 次へ

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索