• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 学会誌

書籍ジャンル検索

学会誌

民事訴訟雑誌54号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・250ページ・本体2,700円+税
《論説》田頭章一(上智大)、笠井正俊(京都大)他、《シンポジウム》民事裁判における情報の開示・保護(司会:上原敏夫、報告:春日偉知郎・田邊誠、片山英二、山本和彦)、《研究報告》4本、《紹介》4本などを収載。

民事訴訟雑誌53号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・260ページ・本体2,800円+税
〈論説〉松原弘信、松下淳一、下田文男、ヘルベルト・ロート/三上威彦(訳) 〈シンポジウム〉「上訴の理論的再検討」(司会:河野正憲、報告:徳田和幸、勅使川原和彦、上野泰男、加波眞一) 〈研究報告〉4本 〈紹介〉4本 などを収載。
民事訴訟雑誌52号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・220ページ・本体2,500円+税
〈論説〉坂原正夫、秋武憲一 〈シンポジウム〉「民事手続きと弁護士の行動指針」(司会:高橋宏志、報告:宇野聡・山浦善樹・岩崎政孝) 〈研究報告〉4本、〈紹介〉4本、などを収載。
民事訴訟雑誌51号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・236ページ・本体2,600円+税
〈論説〉井上治典、上原敏夫、三輪和雄、〈シンポジウム〉民事訴訟の当事者 (司会)青山善充、(報告)坂田宏、山本克己、大村雅彦、畑瑞穂、〈研究報告〉〈紹介〉ほかを収載。
民事訴訟雑誌50号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・316ページ・本体3,300円+税
50号記念企画として「民事司法の展望と指針」をテーマに3本の論説(川嶋四郎・徳田和幸・長谷部由起子)、2003年国際シンポジウム(司会:河野正憲)ほか。巻末に1〜50号の総目次を収載。
民事訴訟雑誌49号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・270ページ・本体3,000円+税
論説
絶対的上告理由についての一考察/加波眞一
特別清算の今日的意義と法改正の一つの方向/中島弘雅
東京簡易裁判所における特定調停法の運用状況について/岡久幸治
シンポジウム
 倒産実体法の改正/(司会)福永有利
研究報告
民事訴訟雑誌48号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・300ページ・本体3,300円+税
<論説>
人事訴訟事件等の家庭裁判所への
 移管と手続構想・・・・・・・・・・・・・・・佐上善和
訴訟承継と同時審判・・・・・・・・・・・・・高見 進
大阪地方裁判所における医事および
 建築関係訴訟集中部の審理の実状
・・・・・・・・・・・角 隆博・田中 敦・中本敏嗣
<講演>
ドイツにおける裁判手続への素人および
 専門家の関与・・・・・・・・・・・・エーベルハルト・シルケン・高田昌宏訳(70)
<シンポジウム>
新民事訴訟法における理念と実務
・・・・・・・・・・・・・・・(司会)小島武司(103)
<研究報告>
<紹介>ほか
民事訴訟雑誌47号
[学会誌]
日本民事訴訟法学会 編
A5判・292ページ・本体3,300円+税
<論説>
一部請求訴訟の趣旨・・・・・・・・・・・・・・・松本博之
一部請求論について・・・・・・・・・・・・・・・三木浩一
 ─手続運営論の視点から─
債権仮差押えに関する国際管轄・・・・・・野村秀敏
平成一〇年改正民事執行法規等の
   運用をめぐる二、三の問題・・・・山崎 恒
<ミニ・シンポジウム>
人事訴訟・家事裁判の手続的諸問題
             (司会)佐上善和
<研究報告>
<紹介>ほか
雇用社会の変容と労働契約終了の法理
[学会誌]
日本労働法学会 編
A5判・202ページ・本体3,000円+税
シンポジウムより《報告》《シンポジウムの記録》《回顧と展望》ほか
委託型就業者の就業実態と法的保護/不当労働行為救済法理を巡る今日的課題/女性活躍推進と労働法
[学会誌]
日本労働法学会 編
A5判・244ページ・本体3,400円+税
133回大会の3つのシンポジウム、個別報告を中心に、特別講演(菅野和夫)、回顧と展望、特別寄稿(花見忠)ほかを収録。
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索