書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働法と知的財産法の交錯
副題 労働関係における知的財産の法的規律の研究
シリーズ 日本労働法学会誌132号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 350頁
発行年月 2019年5月
定価 本体3,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-04014-5
ジャンル 学会誌
本の説明 シンポジウムの報告、記録、ワークショップ、個別報告、回顧と展望 などを収録。
目次 《大シンポジウム》
労働法と知的財産法の交錯
 ―労働関係における知的財産の法的規律の研究

労働法と知的財産法の交錯………………野川 忍
 ―シンポジウムの目的とテーマの俯瞰
営業秘密・不正競争防止法と守秘義務…河野尚子
営業秘密保護と退職後の競業避止義務…石田信平
職務発明・職務著作と労働法の規律
 ―労働法と知的財産法の交錯問題
  に関する一考察
    ……………………………………土田道夫
労働法と知的財産法の交錯領域における
 集団的利益調整…………………………天野晋介
労働法と知的財産法の交錯に関する問題の検討
    ……………………………………茶園成樹

《シンポジウムの記録》
労働法と知的財産法の交錯
 ―労働関係における知的財産の法的規律の研究

《ワークショップ》
T フランスの労働法改革
  ワークショップ「フランスの労働法改革」に
   関する覚書…………………………矢野昌浩
  フランスの労働法改革………………小山敬晴
U 結社の自由について改めて考える
  ―東アジアにおける「結社の自由」の法制・
   実態を踏まえて
  アジアの結社の自由の問題点………香川孝三
V 「同一労働同一賃金」の法政策
  「同一労働同一賃金」の法政策
    ………………………村中孝史・島田裕子
W 「労働時間法」をどのように構想するか?
  「労働時間法の過去と現在,そして未来」
   の趣旨………………………………唐津 博
  労働時間法の目的と具体化の手法
    …………………………………長谷川 聡
  労働時間法をどのように構想するのか?
   ―実務家からの視点
    ……………………………………北岡大介
X LGBTと労働法の理論的課題
  ―トランスジェンダーを中心に
 ワークショップの討論内容……………名古道功
 企業によるトランスジェンダーの外見・服装の
  制約……………………………………内藤 忍
  ―服装等の自己決定権や性の多元論の
   観点からのS社事件の再検討
 LGBTに対する合理的配慮を中心に……濱畑芳和
Y 山梨県民信組事件最高裁判決の意義と
   射程範囲
  ―労働契約関係における労働者の同意
 議論の概要について………水口洋介・石井妙子
 労側弁護士からの報告…………………鴨田哲郎
 使用者側代理人としてみる本判決の意義と射程
    ……………………………………木下潮音

《個別報告》
公務員の法的地位に関する日独比較法研究
    ……………………………………早津裕貴
フランスの企業再構築にかかる法システムの
 現代的展開………………………………細川 良
アメリカにおける労働組合の「市民団体的」
 プレッシャー活動………………………藤木貴史
 ―その憲法的保護の歴史的変遷

《回顧と展望》
働き方改革における労働時間規制………紺屋博昭
 ―労働時間の上限規制と
  高度プロフェッショナル制度を中心に
パートタイム・有期雇用労働法の成立とその意義
    ……………………………………稲谷信行
高年法の継続雇用制度の下で定年前より低い
 労働条件を提示することの適法性……植田 達
 ―九州惣菜事件・福岡高判平29・9・7
  労判1167号49頁

2018年度学会奨励賞について……………和田 肇

日本労働法学会第135回大会記事
日本労働法学会第136回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索