書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 雇用社会の変容と労働契約終了の法理
シリーズ 日本労働法学会誌131号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 202頁
発行年月 2018年5月
定価 本体3,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03937-8
ジャンル 学会誌
本の説明 シンポジウムより《報告》《シンポジウムの記録》《回顧と展望》ほか
目次 《シンポジウム》
雇用社会の変容と労働契約終了の法理

《報告》
労働契約終了の理論課題…………………野田 進
  ―「攻撃的」雇用終了という視角
雇用終了のルールの明確化と
その紛争解決制度の課題…………………山下 昇
  ―解雇のルールとあっせん制度を中心に
労働者の能力・適性評価と雇用終了法理
  ……………………………………*キョウ 敏
  ―AI時代の到来に際して
雇用終了における人選基準法理…………柳澤 武
  ―なぜ私なのか?
解雇過程における使用者の説明・協議義務
     …………………………………所 浩代
  ―労使対話を重視した手続規制に関する試論
労働契約終了と「合意」…………………川口美貴

《シンポジウムの記録》
雇用社会の変容と労働契約終了の法理

《回顧と展望》
債権法改正と労働契約関連規定をめぐる変更
     ……………………………新屋敷恵美子
割増賃金を年俸に含めて支払う合意と労基法37条
     …………………………………岡本舞子
  ―医療法人社団康心会事件・
     最二小判平29・7・7労判1168号49頁
労働契約法20条における不合理性の判断方法と
損害額の認定………………………………岡村優希
  ―日本郵便(時給制契約社員ら)事件・
     東京地判平29・9・14労判1164号5頁
関連会社への労働組合員の街宣活動等に対する
損害賠償請求の可否………………………木南直之
  ―フジビグループ分会組合員ら
    (富士美術印刷)事件・
     東京高判平28・7・4労判1149号16頁

ワークショップのご案内………………企画委員会

日本労働法学会第134回大会記事

SUMMARY


          *キョウは「龍の下に共」
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索