書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 委託型就業者の就業実態と法的保護/不当労働行為救済法理を巡る今日的課題/女性活躍推進と労働法
シリーズ 日本労働法学会誌130号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 244頁
発行年月 2017年11月
定価 本体3,400円+税
ISBN ISBN978-4-589-03879-1
ジャンル 学会誌
本の説明 133回大会の3つのシンポジウム、個別報告を中心に、特別講演(菅野和夫)、回顧と展望、特別寄稿(花見忠)ほかを収録。
目次 《特別講演》
労働政策の時代に思うこと………………菅野和夫

《シンポジウムT》
委託型就業者の就業実態と法的保護

シンポジウムの趣旨と総括………………鎌田耕一
委託型就業者の法的保護
 ―最低報酬保障,解約・契約更新規制を中心に
           …………………長谷川聡
委託型就業者の災害補償…………………田中建一
委託型就業者のハラスメントからの法的保護
           …………………内藤 忍

《シンポジウムU》
不当労働行為救済法理を巡る今日的課題

シンポジウムの趣旨と総括………………石田 眞
労組法7条2号の「使用者」と派遣先・親会社
           …………………川口美貴
不当労働行為意思の要否…………………古川景一
労委救済命令の実効性と過小救済の裁量権逸脱
 ―「原状回復」の意義の再確認
           …………………田中 誠

《シンポジウムV》女性活躍推進と労働法
シンポジウムの趣旨と総括………………野川 忍
女性活躍推進法の意義
 ―労働時間・女性管理職比率を中心に
           …………………小畑史子
資生堂における女性活躍推進取り組み実践事例
           …………………山極清子

《個別報告》
公益通報者保護法制度の役割と活用に向けた課題
           …………………日野勝吾
労働者の個人情報の収集をめぐる規制
 ―犯罪歴の調査に関する米仏の規制を中心に
           …………………河野奈月
労働保険における労働者の「従前業務」に対する
法的評価―アメリカ法を参考に
           …………………地神亮佑
フランスにおける合意解約法制化の意義
           …………………古賀修平

《回顧と展望》
NHK地域スタッフの労契法上の労働者性
及び労契法17条1項の類推適用
 ―NHK堺営業センター(地域スタッフ)事件・
  大阪高判平28・7・29労判1154号67頁
           …………………後藤 究
歩合給の計算に当たり割増金相当額を控除する
賃金規定の有効性
 ―国際自動車事件・
  最三小判平29・2・28労判1152号5頁―
           …………………松井良和
有期労働契約の大学教員に対する雇止め
 ―福原学園事件・
  最一小判平28・12・1判タ1435号89頁
           …………………大石 玄

《特別寄稿》
30余年に及ぶ友の思い出…………………花見 忠
 ―Roger BlanpainとBob Heppleの
  早すぎた逝去を悼んで

日本労働法学会第133回大会記事
日本労働法学会第134回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索