書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 有期労働をめぐる法理論的課題
シリーズ 日本労働法学会誌121号
著者 日本労働法学会
判型 A5判
頁数 160頁
発行年月 2013年4月
定価 本体2,500円+税
ISBN ISBN978-4-589-03519-6
ジャンル 学会誌
本の説明 124回大会シンポジウム:報告 回顧と展望 平成24年度学会奨励賞について ほか
目次 《シンポジウム》
有期労働をめぐる法理論的課題

〈報告〉
報告の趣旨説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米津孝司
有期契約労働と派遣労働の法政策
 ―ディーセント・ワーク保障の原則の観点から
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・有田謙司
有期雇用(有期労働契約)の法規制と労働契約法理
 ―労働契約法改正と契約論的アプローチ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・唐津 博
有期労働契約法制と均等・均衡処遇
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沼田雅之
非正規労働者の社会・労働保険法上の地位
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小西啓文

〈シンポジウムの記録〉
有期労働をめぐる法理論的課題


《回顧と展望》
2012年高年齢者雇用安定法改正の意義と問題
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山川和義
添乗員に対する事業場外労働のみなし制の適否
 ―阪急トラベルサポート(派遣添乗員・第3)事
  件・東京高判平成24・3・7労判1048号26頁
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金井幸子


平成24年度学会奨励賞について ・・・・・・野田 進

日本学術会議報告 ・・・・・・・・・・・・・・・・浅倉むつ子


日本労働法学会第124回大会記事
日本労働法学会第125回大会案内
日本労働法学会規約
SUMMARY
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索