書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 グループ経営の法的研究
副題 構造と課題の考察
著者 河合正二
判型 A5判
頁数 202頁
発行年月 2012年10月
定価 本体3,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03458-8
ジャンル 商法・会社法、経済法
本の説明 新会社法の制定(05年)がグループ経営の形態におよぼす影響を法的に考察・検討し、統一的指揮に基づく円滑なグループ経営へ向けての法整備を展望、その理論的到達点を示す。

  
目次 はしがき

第1章 子会社管理における
    親会社取締役の義務と責任
 はじめに/グループ経営が普及するようになっ
 た背景/グループ経営の種類とその活用事例/
 グループ経営促進に向けての現行会社法上の問
 題点とその対応/子会社管理における親会社取
 締役の責任/おわりに

第2章 グループ経営における
    内部統制システムの構築と運用
 はじめに/会社法に規定された内部統制システ
 ムの内容/会社法上の内部統制システムと他の
 内部統制概念との関係/会社法上の内部統制シ
 ステム構築・運用義務の法的性質/「企業集団
 における内部統制システム」に関する規定/企
 業集団における有効なコンプライアンス体制の
 構築・運用とは/企業集団における有効なコン
 プライアンス体制を構築・運用していくうえで
 の監査役の役割と監査内容/企業集団における
 コンプライアンス体制構築・運用に向けての留
 意点

第3章 グループ経営における経営指揮と責任
 はじめに/企業集団における機関構成員の義務
 の方向性/グループ企業の経営責任を検討する
 うえでの基本的考え方

第4章 グループ経営における監査役監査
 はじめに/法改正にみる監査役制度強化の歴史
 と現実との乖離/取締役の経営行為の公正を確
 保するために監査役制度に求められる「あるべ
 き姿」/企業グループにおいて求められる監査
 役監査

第5章 グループ経営における責任追及のあり方
 はじめに/会社法における取締役の責任の構造
 /会社法における取締役の契約責任/親会社取
 締役が子会社管理に関して民事責任を負うケー
 ス/取締役に対する責任追及の主体とその方法
 /「多重代表訴訟制度」に関する立法論の検討
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索