書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 労働法T
副題 集団的労働関係法・雇用保障法
シリーズ NJ叢書
著者 名古道功吉田美喜夫根本到
判型 A5判
頁数 286頁
発行年月 2012年10月
定価 本体2,900円+税
ISBN ISBN978-4-589-03454-0
ジャンル 労働法 NJ叢書
本の説明 集団的労働関係法および雇用保障法を詳細に概説した体系的教科書。初学者以外に労働者にも理解しやすく丁寧に叙述し、学説・判例は客観的に解説した。旧版刊行(06年)以降の動向をふまえ改訂。

  
目次 はしがき
凡 例

第1章 総論…T:吉田美喜夫 U・V:名古道功
 T 労働法とは何か
 U 日本の労働法の歴史―戦後労働法制の発展
 V 労働紛争処理制度

第2章 労働基本権………………………倉田原志
 T 労働基本権の理念と歴史
 U 労働基本権の内容と効果
 V 労働基本権の制限

第3章 労働組合…………………………藤内和公
 T 総 説
 U 結成・加入・脱退と内部運営
 V 組合の内部統制
 W 組合活動

第4章 団体交渉…………………………名古道功
 T 団体交渉の意義
 U 団体交渉の主体
 V 団体交渉権の対象事項
 W 団体交渉の態様・方法
 X 団体交渉拒否の救済

第5章 労働協約…………………………名古道功
 T はじめに
 U 労働協約の当事者
 V 労働協約の方式
 W 労働協約の法的性質
 X 労働協約の効力
 Y 一般的拘束力
 Z 労働協約の期間・終了

第6章 争議行為…………………………古川陽二
 T 総 説
 U 争議行為と争議権保障
 V 争議行為の正当性
 W 正当性のない争議行為の責任
 X 争議行為と賃金
 Y 争議行為と第三者
 Z 使用者の争議行為(ロックアウト)

第7章 不当労働行為……………………唐津 博
 T 序 説
 U 不当労働行為の主体と不当労働行為意思
 V 不当労働行為の類型
 W 不当労働行為の救済

第8章 雇用保障と労働市場の規制……根本 到
 T 雇用保障法の基本構造
 U 失業者・求職者の生活保障
 V 積極的雇用政策
 W 募集・職業紹介および労働者供給の規制


判例索引
事項索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索