書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 アイヌモシリと平和
副題 〈北海道〉を平和学する!
著者 越田清和
判型 A5判
頁数 264頁
発行年月 2012年9月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03452-6
ジャンル 平和学
本の説明 アイヌモシリ(北海道)が日本の植民地であったという「植民地支配の認識」をふまえ、北海道における平和を考える。人権・開発・平和をオキナワやフクシマとの応答も含め、多様に考察。

  
目次 序 章 アイヌモシリから考える平和
     ―「人間の静かな大地」という平和
        …………………………越田清和

■T部■アイヌモシリの植民地化と人びとの動き
第1章 近代アイヌ民族のたたかい
     ―十勝アイヌ民族を中心に
        …………………………井上勝生
第2章 アイヌモシリの軍事化
     ―旭川における
      陸軍基地の創設をめぐって
        …………………………越田清和
第3章 「北海道開拓」と
    朝鮮人の強制連行・労働………林 炳澤
第4章 足もとからの平和
     ―北海道の「民衆史掘りおこし運動」
      から学ぶ
        …………………………小田博志

■U部■アイヌモシリと人権・平和
第5章 憲法から見る北海道……………清水雅彦
第6章 女性自衛官人権裁判の意義
       …………………………秀嶋ゆかり
第7章 アイヌ民族の権利回復と平和
        …………………………島崎直美
第8章 眼差しを受け止める…………影山あさ子

■V部■アイヌモシリの開発と脱開発
第9章 出会い直しの時代へ
     ―アイヌと日本人の
      新たな出会いを求めて
        …………………………結城幸司
第10章 フェアトレードのローカルイニシアチブ
     ―グローバル化へのグローカルな挑戦
        …………………………萱野智篤
第11章 北海道における反原発から
    脱原発運動へのあゆみをふりかえる
        …………………………山口たか
第12章 詩と平和…………………………矢口以文
第13章 東日本大震災支援ボランティア活動と
    「平和教育」
     ―「平和を実現する主体形成」の
      教育的意義と可能性
        …………………………高橋 一

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索