書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 ハンセン病と平等の法論
著者 森川恭剛
判型 A5判
頁数 234頁
発行年月 2012年5月
定価 本体3,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03436-6
ジャンル 法哲学・法社会学・法制史 諸法
本の説明 ハンセン病への差別を史的・根源的に問いただし、フーコー権力論から平等の法論を展開、考察する。マイノリティにかかわる正義と、ヒトの社会に根源的な「匡正」の平等を提起。

  
目次 まえがき

序 章 ハンセン病問題の現在

第1章 ヨーロッパ中世のハンセン病と
             近代日本の隔離政策
 1 ハンセン病隔離政策の3要素
 2 国辱論の再構成
 3 隔離政策の帝国主義論
 4 ヨーロッパ中世のハンセン病

第2章 フーコー・ハンセン病・平等
 1 排除の文化と差別の歴史
 2 ミクロな権力関係と近代隔離政策
 3 フーコー権力論と近代自然法論
 4 平等の法的実践

第3章 ハンセン病とエイズの差別
 1 基本法時代の「準当事者」
 2 HIV感染予防とエイズの「生」
 3 MSMと共生への配慮

終 章 匡正の平等の法論

あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索