書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 国際関係論入門
副題 思考の作法
著者 初瀬龍平編著
判型 A5判
頁数 328頁
発行年月 2012年8月
定価 本体2,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03425-0
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 現代の国際関係を考える基本的視座・視点・概念を解説。国家の利益や安全保障ではなく人間の生命と安全を重視し、その実現のために必要な知識と〈思考の作法〉を細やかに提示する。

  
目次 まえがき

序 章 国際関係のイメージ:
          なにを、どのように見るか
 ◇COLUMN1 国際関係論の誕生

■第T部■世界システム:どのようにして、
     世界は1つになったか
第1章 世界システムの形成
第2章 世界システムと東アジア
第3章 植民地支配と植民地の独立
第4章 世界システムとヘゲモニー
 ◇COLUMN2 鎖国

■第U部■国際システム:国家間の関係は、
     どのようになっているか
第5章 西欧国際体系
第6章 主権国家
第7章 民族とナショナリズム
第8章 グローバル化
第9章 現代国際体系
 ◇COLUMN3 脱亜論

■第V部■パワー・ポリティクス:軍事力は、
     誰にとって必要なのか
第10章 安全保障と人々の安全
第11章 戦争と人々の犠牲
第12章 米国とパワー・ポリティクス
 ◇COLUMN4 沖縄の基地問題

■第W部■経済発展:誰に有利で、誰に不利か
第13章 世界システムと経済発展
第14章 貧困と開発
第15章 アフリカの貧困と私たち
 ◇COLUMN5 日本の経済大国化

■第X部■これからの世界:誰が、どのように
     新しい世界を創るか
第16章 国際秩序とグローバル貿易
第17章 国際移動する人々
第18章 イスラームと世界
第19章 平和運動
第20章 平和構築
 ◇COLUMN6 原爆と原発

あとがき
参考ウェブサイト一覧
年 表
索 引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索