書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 民事訴訟雑誌58号
シリーズ 民事訴訟雑誌
著者 日本民事訴訟法学会
判型 A5判
頁数 214頁
発行年月 2012年4月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03405-2
ジャンル 学会誌
本の説明 《論説》宇野 聡/我妻 学/福井章代
《シンポジウム:消費者集合訴訟制度の可能性と課題》〔司会〕大村雅彦 〔報告〕笠井正俊/八田卓也/原 強  その他を収載。

目次 =論 説=
上告裁判所が調査の対象とするべき破棄事由
         ………………………宇野 聡
産科医療補償制度と医療訴訟……………我妻 学
会社法施行後の東京地方裁判所における
商事事件の審理の実情と課題……………福井章代

=シンポジウム=
消費者集合訴訟制度の可能性と課題
         ………………(司会)大村雅彦

=研究報告=
倒産債権の調査・確定段階における
実質的考慮の可能性―イギリス法を参考にして―
         ………………………小原将照
不動産執行における執行債務者と
所有者の関係について……………………青木 哲
国際仲裁における仲裁判断の効力について
         ……………………渡部美由紀
建築関係訴訟等の審理の現状と課題について
         ………………………河野清孝

=紹 介=
Douglas G. Baird & Robert K. Rasmussen
Antibankruptcy,119 Yale Law Journal 648
(2010). ……………………………………杉山悦子
Olaf Muthorst,Das Beweisverbot(Mohr Siebeck,
2009). ……………………………………安井英俊

=海外学界事情=
2010年国際訴訟法学会(IAPL)世界大会について
         ………………………田村陽子

学会雑報
各地研究会だより
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索