書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 行政と国民の権利
副題 水野武夫先生古稀記念論文集
著者 水野武夫先生古稀記念論文集刊行委員会
判型 A5判
頁数 860頁
発行年月 2011年12月
定価 本体15,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03384-0
ジャンル 記念論集・個人全集・講座
本の説明 水野武夫先生古稀記念論文集
環境訴訟の第一人者・水野武夫先生の古稀記念論文集。越智敏裕、北村喜宣、斎藤 浩、田中 治、中川丈久、三木義一、山本洋一郎をはじめ、43名の実務家・研究者が寄稿。

  
目次 序にかえて…………………………………滝井繁男


◇第1部 行政法・環境法の諸問題◇

公定力と国家賠償請求……………………高木 光
金銭の給付や徴収に関する行政処分と
 国家賠償請求―最高裁平成22年判決を踏まえて
    ……………………………………北村和生
行政法への「規制的」アプローチについて
  ―行政争訟制度を分析するもう1つの視点
    …………………………………深澤龍一郎
抗告訴訟物語………………………………斎藤 浩
事業認定取消訴訟の原告適格について
    …………………………………由喜門眞治
環境分野における義務付け訴訟の
 「重大な損害」要件の克服……………池田直樹
処分差止訴訟との交錯が生じうる場面における
 当事者訴訟(確認訴訟)の活用について
    ……………………………………濱 和哲
行政過程の裁量規範の構造転換…………山村恒年
「互換的利害関係」概念の継受と変容…角松生史
判断過程の統制について
  ―日光太郎杉事件判決再読…………正木宏長
開発許可制度と行政訴訟…………………松村信夫
都市景観政策とダウンゾーニングの法理
    ……………………………………安本典夫
「平穏生活権」の意義……………………吉村良一
公有歴史的建造物保存のための
 指定・登録申請制度の提案……………越智敏裕
廃棄物処理法2010年改正法の制定………北村喜宣
アメリカ合衆国・種の保存法の38年
  ―成果と展望…………………………畠山武道
普通河川の管理と法的課題………………荏原明則
原発事故と行政法の覚書…………………比山節男
近時の行政立法に関する一考察
  ―薬事法に基づく委任命令を題材として
    ……………………………………岩本安昭
「職権取消しと撤回」の再考……………中川丈久


◇第2部 税法の諸問題◇

租税回避論における武富士事件最高裁判決の意義
 と位置づけ
  ―リベラルな租税回避観と事実認定による否
   認論に対する判例の態度………谷口勢津夫
所得税法における二重控除の一考察……山名隆男
消費者被害回復金と課税
  ―2つの高裁判決で非課税が確定
    …………………………………山本洋一郎
退職所得に関する一考察…………………安井栄二
譲渡所得とその課税および実現主義
  ―増加益清算説と譲渡益課税説の対立点
    ……………………………………伊川正樹
居住用財産の譲渡所得に関する特例と
 その適用要件について…………………奥谷 健
職務発明に関して従業者等が使用者等から
 受け取る金員の所得区分………………元氏成保
所得税額表の立法技術
  ―超過累進税制に代わる、線形累進税モデル
   Legislative Engineering for Linear Tax
   Schedule…………………………木村弘之亮
宗教法人と税制―課税がないことの法的意味
    ……………………………………田中 治
適格現物分配という組織再編成…………渡辺徹也
優待入場券の無償交付と交際費課税…八ツ尾順一
法人税改革と租税政策論
  ―ドイツ企業税法に係る税制改革の法構造と
   限界についての制度と理論の示唆
    ……………………………………手塚貴大
破産財団に関して破産手続開始決定後の原因に
 基づいて生じた消費税及び固定資産税の内、
 財団債権となるものの範囲について…原田裕彦
租税条約上の租税回避否認の意義と範囲
    ……………………………………川端康之
国際的二重課税の発生態様と外国子会社配当益金
 不算入制度………………………………一高龍司
過少申告加算税における「正当な理由」
    ……………………………………山本英幸
国税通則法115条1項3号の「正当な理由」を
 めぐる判例の展開……………………野一色直人
国税徴収法39条の適用対象
  ―「その他第三者に利益を与える処分」
   の意義………………………………占部裕典
国税不服審判所制度と「不当」を理由とする救済
    ……………………………………三木義一
納税者権利保護法の国際モデル
  ―Duncan Bentley教授のモデル法の紹介を
   中心に………………………………望月 爾
租税訴訟における協議・和解方式による紛争解決
    …………………………………山下清兵衛
納税資金に関する一考察…………………高橋祐介
「税務に関する専門家」に係る一考察
  ―税理士法の視点から隣接職業専門家との
   関係を中心に………………………浪花健三


あとがき
水野武夫先生の略歴・著作目録等の紹介
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索