書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 市民参加の行政学
著者 田尾雅夫
判型 A5判
頁数 208頁
発行年月 2011年12月
定価 本体2,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03375-8
ジャンル 行政・地方自治
本の説明 地方自治体(公共セクター)における市民参加のための組織化論を提示する。市民運動が組織化され市民参加に至る過程を整理するなかから、従来の組織論に対置する組織化論の整備を試みる。

  
目次 はじめに

第1章 公共性と市民参加
 超高齢社会という与件/公共性とは何か/公共
 性の前提/市民参加の下敷きとしての市民社会
 /公共性の多義性/サービスの多様化/ガバナ
 ンスの深化/市民的公共性/パワー・ポリティ
 クスと合意形成/行政府の役割/結果よりも過
 程を重視

第2章 市民参加の理論
 公共圏を内実化するために/必然としての市民
 参加/定義/市民という概念/集合行動として
 の市民参加/地域社会の変容/変容に向き合
 う、そして参加へ/従来の地域組織/新しい市
 民組織/市民参加のための環境適合戦略/NPM
 (New Public Management)と市民参加/もう一
 つの論点の提示

第3章 運動論・組織化論による補強
 運動としての市民参加/運動論の視点から/運
 動はなぜ起こるのか/偶発的な要件/「新しい
 社会運動」以後/運動体の形成/運動の持続の
 ために/ユーザーとしての市民/プロフェッシ
 ョナリズム/もう一つの社会運動/活動の限
 界、そして組織化/アソシエーション/組織化
 /組織化の要件/組織化における属人性/カリ
 スマ

第4章 コミュニティ論による補強
 コミュニティとは/従来のコミュニティ/新し
 いコミュニティ/市民運動への応用/コミュニ
 ティの平穏/イデオロギー(価値意識)による組
 織化/ピアという気分/コミュニティの構築/
 ネットワーク・コミュニティ/インターネット
 ・コミュニティ/インターネットとデモクラシ
 ー/コミュニティの作法

第5章 意思決定論による補強
 合意形成/集権と分権/意思決定とは/アジェ
 ンダ設定/参加のパラドクス/運動から参加へ
 /市民への開放/柔軟な対応と関与の低減/ネ
 ットワーク論による対応/ネットワークとして
 の市民参加/柔軟な意思決定に向けて/境界関
 係/意思決定の非合理/意思決定の病理/論点
 の整理

第6章 市民参加の実際
 参加の手法/特異なガバナンス/参加の具体的
 な手法/パートナーシップ/構築のために/問
 題点/コプロダクション/コプロダクションの
 意義と限界/コラボレーション/参加促進のダ
 イナミクス/ストリート・レベルでの支援/公
 務倫理への期待/組織間の連携/議会との関係

第7章 NPOやボランティア活動の位置づけ
 NPOとボランティア/NPOとは/活動のドメイン
 /ボランティア活動/ボランタリズム/ボラン
 タリズムの複合的なメンタリティ/市民参加へ
 の転回/価値観による行動/地域社会における
 意義/NPOとボランティア活動の限界

第8章 市民参加の成果と限界
 市民参加の成果/利害の競合と市民参加/再
 度、公共性と市民/もう一つの視点/政策官庁
 化/市民の賢明さ/職員の応答性/信頼/ネッ
 トワークの構築/市民参加の限界/制度モデル
 による市民参加の理解/嵌め込まれた市民参加
 /効用ゆえの限界/限界を超えて/残された問
 題/ファッションで終わらせないために/組織
 論による市民参加論の再構成

あとがき
引用文献
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索