書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 法的思考のすすめ〔第2版〕
著者 陶久利彦
判型 A5判
頁数 150頁
発行年月 2011年4月
定価 本体1,800円+税
ISBN ISBN978-4-589-03334-5
ジャンル 法学一般 法哲学・法社会学・法制史
本の説明 法的思考の核となる、論理の組み立て方の思考訓練を説いた入門書。具体的事例を素材に問いを立て、読者と共に考え答えていく。第2版にあたり、よりわかりやすい表記につとめた。

  
目次 第2版へのはしがき
はじめに

序 章

第1章 ものごとの善悪を考える
  もめごととその処理のしかた/どのようにし
  て理由づける?/ルール論法での二つの理由
  づけ

第2章 法的思考
  裁判をどのように理由づける?/判決文の紹
  介/判決文に見られる法的論理について一般
  的に説明する/婚姻予約についての判決の論
  理/判決文の再構成

第3章 判決文の批判的検討
  隠された前提の1:法的ルール自体が明確に
  示されていない/隠された前提の2:過去の
  判決例を探そう/判例/隠された前提の3:
  損害賠償額の算定

第4章 判決文に対する外在的批判
    ―大前提としての法的ルール・その解釈
     ・事実認定の外在的理由づけ
  大前提としての法的ルール/法律解釈/事実
  認定/法解釈学

第5章 まとめ
  法的議論では何が重要な論点か?/法的解決
  の限界

参考文献
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索