書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 人権の主体
シリーズ 講座 人権論の再定位 2
著者 愛敬浩二
判型 A5判
頁数 264頁
発行年月 2010年10月
定価 本体3,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03292-8
ジャンル 憲法 記念論集・個人全集・講座
本の説明 講座 人権論の再定位 2
人権概念をその前提となる主体概念にまでさかのぼって、人権をめぐる問題状況を把握し、理論と実践における人権論の課題を明らかにする。

    
目次 刊行にあたって
はしがき


◇第T部◇人権主体をめぐる問題状況

第1章 近代人権論と現代人権論
    ―「人権の主体」という観点から
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・愛敬浩二
第2章 人権批判の系譜・・・・・・・・・・・・・・・笹沼弘志
第3章 世代間正義と将来世代の権利論
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉良貴之
第4章 リスクの存在論
    ―「リスク社会」と「安全への権利」によせて
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺 洋
第5章 情報化社会の個人と人権・・・・・・・大屋雄裕


◇第U部◇人権主体の多元化と人権論の変容

第6章 女性の人権・・・・・・・・・・・・・・・・・・・南野佳代
第7章 子どもの権利を問うこと・・・・・・・大江 洋
第8章 外国人の人権論―権利性質説の再検討
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・柳井健一
第9章 「文明化の使命」と難民の現在・・・阿部浩己
第10章 民族文化的少数者の権利・・・・・・・浦山聖子
第11章 犯罪被害者と人権・・・・・・・・・・・・・河合幹雄
第12章 アニマル・ライツ―人間中心主義の克復?
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青木人志
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索