書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 新自由主義批判の再構築
副題 企業社会・開発主義・福祉国家
著者 赤堀正成岩佐卓也編著
判型 四六判
頁数 304頁
発行年月 2010年8月
定価 本体3,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03281-2
ジャンル 労働問題
本の説明 混迷する今日の新自由主義批判論を、その軸になる3領域の実証的・理論的な解明を通して整理する。変革期にある今、新自由主義に対抗する課題と主体・運動を考える場を提供。

目次 序 章 新自由主義批判の再構築のために
       ・・・・・・・・・・・・赤堀正成・岩佐卓也
 民主党政権の成立と新自由主義をめぐる動向/
 日本における新自由主義批判の混乱/本書の構
 成と課題T―新自由主義と企業社会/本書の構
 成と課題U―開発主義と福祉国家


第T部◇新自由主義と企業社会

第1章 新自由主義改革と「野蛮な労働市場」
 ■木下武男『日本人の賃金』の検討
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・赤堀正成
 はじめに:日本的経営と労資関係/『日本人の
 賃金』の現状認識/「アメリカ型職務給」と新福祉国
 家戦略/「日本型職務給」―旧さくら銀行のヘイ・シ
 ステムを用いた新人事制度/「アメリカ型職務給」(ヘイ・シ
 ステム)と個人評価/「パート型」労働者・女性労働者
 の差別と年功賃金/『日本人の賃金』における
 総評の職務給反対闘争に対する理解/職務給は
 「連帯の原理」にかなっているか/年功賃金と電
 算型賃金体系/現に存在する横断的労働市場

第2章 日本的経営は解体したのか
 ■『新時代の「日本的経営」』における
  構想と実践 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・赤堀正成
 『新時代の「日本的経営」』の社会統合論の不在
 /今日の日本的経営/新自由主義派と反新自由
 主義派の一致/対立軸としての「終身雇用慣行」
 と年齢別賃金

第3章 格差問題を逆手にとる「労働ビッグバン」
    推進論
 ■八代尚宏氏の主張を読み解く ・・・・・岩佐卓也
 『雇用改革の時代』と「労働ビッグバン」/八代
 氏の主張をどうみるか/労働運動の課題

第4章 男女賃金差別と年功賃金
 ■森ます美『日本の性差別賃金』の検討
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩佐卓也
 「年功賃金=属人的=性差別的」というテーゼ/
 「女性の職務内容への着目」の意義/結論/補論
 :『日本の性差別賃金』におけるその他の論点

第5章 首切り容易な社会の方が労働者は幸せ?
 ■脱格差の名のもとに解雇自由化を唱える
  「労働ビッグバン論」 ・・・・・・・・・・・・・平井治郎
 日本の雇用保護制度の規制は厳格か/雇用保護
 制度は雇用に悪影響を及ぼすか/その他四つの
 疑問


第U部◇開発主義と福祉国家

第6章 日本における新自由主義の性格規定に
    ついて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩佐卓也
 後藤道夫氏の「日本=開発主義=非福祉国家」テー
 ゼ/日本の位置と日本の新自由主義の攻撃対象
 /「新自由主義vs開発主義」対抗図式の意味/お
 わりに

第7章 官僚主導国家観の大いなる幻想
 ■日本は「開発主義国家」か? ・・・・・・・菊池信輝
 経済官僚たちは本当に優秀だったのか/語られ
 ざる「国民所得倍増計画」の正体/実際にはもっ
 と短かった「官僚たちの夏」/オポチュニストと
しての官僚/民間企業の防波堤たち/「粗大ゴミ
 論」へといたる道のり/経済界の意向に左右さ
 れる「行革」
 【後記:日本は「開発主義国家」か】

第8章 開発主義論と新自由主義との政治的
    親和性
 ■『情況』新田論文の教訓 ・・・・・・・・・森田成也
 新田氏によるハーヴェイ批判の検討/新自由主義イ
 デオロギー賛美と開発主義的戦後日本像/中曽
 根改革と労働運動解体に対する徹底した過小評
 価/アカデミズムの「審級」への還元/小泉改革への
 肯定的評価/オルタナティブとしての「ソフトな新自由主
 義」

第9章 新自由主義に対抗する福祉国家論の条件
 ■社会政策学と「新福祉国家」論をめぐる
  批判的考察 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・兵頭淳史
 新自由主義的社会保障改革と生存権保障/社会
 政策論における生存権アプローチの限界/「新福祉
 国家論」の問題点/生存権原理の再構築と福祉
 国家構想


あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索