書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 不平等の謎
副題 憲法のテオリアとプラクシス
著者 遠藤比呂通
判型 四六判
頁数 248頁
発行年月 2010年4月
定価 本体2,700円+税
ISBN ISBN978-4-589-03260-7
ジャンル 憲法
本の説明 パウル・ティリッヒが問うた「不平等」という最大の謎への解き明かしの試み。研究者から弁護士へと転身した著者の理論変遷を展開。憲法訴訟における通説的な理解に根底から疑問を呈し、実務に沿った考え方を提示する。
目次  はしがき―不平等の謎をめぐって

序 人間の尊厳についての三つのアプローチ
  はじめに/良心とは何か/命とは何か/自由
  とは何か/おわりに/付記/資料


第T部■憲法のテオリア

1 憲法訴訟のテオリア
   ―憲法的救済法への試み
  憲法訴訟論の分類/憲法訴訟論の限界/自由
  の救済法としての憲法

2 憲法解釈のテオリア―天皇制の憲法解釈
  リヴァイアサンによるコンフォーミズム/明
  治憲法体制の変容/機関説の意義/憲法解釈
  の終焉/補説

3 社会契約のテオリア―神話から契約へ
  日本国はいつ「建国」されたのか/戦前におけ
  る人権侵害状況/八月革命は達成されたのか
  /市民相互の政治的義務

4 人権宣言のテオリア
   ―「見えない差別」とどうとりくむか
  日本の人権問題を報告/遍在する選択的無関
  心/個人の権利か、集団の権利か

       コラム@ 憲法は今、だれに聞くべきか


第U部■憲法のプラクシス

1 人間の尊厳のプラクシス―国家と社会と個人
  はじめに/ホームレスと呼ばれる人々/恐怖と欠
  乏からの自由/生存権/権限(エンタイトルメント)アプ
  ローチ/ホームレス特別措置法の施行とその問題点/
  大阪市立今宮中学強制排除事件/ホームレス問題
  における公共性とは何か

        コラムA 釜ヶ崎通信―Kへの手紙

2 市民性のプラクシス―「逃れの街」釜ヶ崎
  職業紹介をしない公共職業安定所/ホームレス問
  題を必然とする社会的背景/西成区長による
  住民票の消除/主権者としての国民/国籍と
  住民票の喪失/ホームレス状態を余儀なくされた
  人々にとって法は何を意味するのか/野宿を
  余儀なくされた人々の市民性

        コラムB 「逃れの街」釜ヶ崎の背景

3 抵抗権のプラクシス
   ―ゆるやかなカースト社会に抗して
  結婚差別の問題/アメリカ合衆国の法理論/積極
  的差別是正措置の問題/イングランド法から学ぶ
  /アンベドカルの憲法/抵抗権としての糾弾の権
  利

4 国民国家のプラクシス
   ―安心して共存する権利の条件
  市民権と国籍/日本の中の朝鮮・朝鮮の中の
  日本/市民権と国際人権規約/国籍概念の魔
  神性/結び

結び プラクシスとしてのエクソダス
    ―人権についていかに学ぶか
  トンネルをくぐるとそこが釜ヶ崎/アカデメ
  イアからエクソダスへ/契約を結ぶ人間の条
  件/釜ヶ崎の「祈り」/韓国・朝鮮の「恨」を知
  ること

 あとがき
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索