• TOP 
  • > 書籍ジャンル検索
  • > 労働問題
  • > 現代労働問題分析

書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 現代労働問題分析
副題 労働社会の未来を拓くために
著者 石井まこと兵頭淳史鬼丸朋子編著
判型 A5判
頁数 320頁
発行年月 2010年3月
定価 本体3,000円+税
ISBN ISBN978-4-589-03242-3
ジャンル 労働問題
本の説明 学生が誤りがちな労働問題に関する「常識」の非常識を正す。「賃金・労働時間」「雇用」「労働組合・労使関係」の3部17論考構成で各章にキーワードと推薦図書を付す。新自由主義的潮流に一線を画し、論争の磁場を提供。

  
目次 はじめに
 ―「新しい労働社会を拓くために」に込めた思い

  ◆第T部◆賃金・労働時間問題

第1章 賃金・労働時間問題の争点
     ―いかに働き,稼ぎ,暮らすか

第2章 年功賃金を考える

第3章 労働組合と賃金―春闘とは何か

第4章 最低賃金制の今日的意味―論点と実際

第5章 長時間労働と労働者生活


  ◆第U部◆雇用問題

第6章 雇用問題の争点―雇用流動化政策批判

第7章 日本的雇用の変化と仕事・働き方

第8章 企業社会の変容と女性の働きにくさ

第9章 産業構造変化と雇用

第10章 不安定就業労働者の増大とその今日的特
    質

補論1 雇用と集団労働の基礎理論
     ―協業,分業,資本主義的経営の生成へ


  ◆第V部◆労働組合・労使関係問題

第11章 労働組合・労使関係問題の争点
     ―労働組合の活路を拓くために

第12章 日本における新しい労働運動
     ―非正規・個人加盟労働運動を中心に

第13章 労働の人間化と労使関係

第14章 ドイツにおける労働組合の役割と「労働」
    の力

補論2 新たな運動領域とローカルセンター
     ―ローカルセンター・神奈川県労働組合総連合
      の取り組みと問題意識


特別寄稿:下山房雄 「日本的低賃金」論の系譜


参考文献/あとがき/索引


別冊[下山さんの履歴書]
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索