書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 政治史への問い/政治史からの問い
シリーズ HBB+
著者 熊野直樹柴尾健一山田良介中島琢磨北村厚金哲
判型 四六判
頁数 256頁
発行年月 2009年12月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03197-6
ジャンル 政治学 HBB+
本の説明 新保守主義の帰結としての「平成大恐慌」という観点から、世界大恐慌期や新保守主義関連の政治史を考察。新たな歴史的解釈から今後の政治的方向性を示唆する。外交や軍事、経済面の身近な事例を題材に、現在と過去の対話を試みる。

目次 序 章 政治史を学ぶ ・・・・・・・・・・・・・・熊野直樹

 一 「平成大恐慌」の到来?
 二 新自由主義的経済政策の破綻
 三 新保守主義の時代の終焉
 四 世界史のなかの新保守主義
 五 政治史への問い/政治史からの問い
 六 本書の構成
 七 各章の内容紹介


第1章 総力戦と「国民動員」、そして女性の役割
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・柴尾健一
 はじめに
 一 国民の身体からみた総力戦の特徴
 二 二冊の調査報告書について
 三 日本陸軍の「国民動員」構想一
    ―画一化された男女のらしさと体力の序
     列化
 四 日本陸軍の「国民動員」構想二
    ―総力戦が生んだ女性らしさ
 おわりに


第2章 恐慌・戦争・政治不信
     ―一九三〇年代の日本における農村問
      題を中心に ・・・・・・・・・・・・山田良介
 はじめに
 一 危機の到来
 二 政府の方策
 三 農村の対応
 おわりに


第3章 戦後日本外交の基本路線とアジア
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中島琢磨
    
 はじめに
 一 戦後日本外交の出発
 二 日本外交の展開とアジア
 三 冷戦後の日本外交
 おわりに


第4章 戦間期ヨーロッパにおける地域経済統合
    の可能性 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・北村 厚

 はじめに
 一 第一次世界大戦後のヨーロッパとドイツ
 二 「アンシュルス」問題と「ヨーロッパ関税同盟」構想
 三 世界大恐慌の勃発と地域統合論
 おわりに


第5章 バター・マーガリン・満洲大豆
     ―世界大恐慌期におけるドイツ通商政
      策の史的展開 ・・・・・・・・・・熊野直樹

 はじめに
 一 農業恐慌の勃発とラントフォルク運動
 二 バター・マーガリン・満洲大豆
 三 バターのマーガリンへの強制混合と農村に
   おける「共産主義の危険」
 四 ヒトラー政府と油脂法
 五 満洲大豆と独「満」貿易協定
 おわりに


第6章 中国共産党の「新民主主義論」に関する考
    察 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金 哲
 はじめに
 一 中国共産党と中国国民党による第一次国共
   合作
 二 中国共産党と中国国民党による第二次国共
   合作
 おわりに


結 章 政治史への問い/政治史からの問い
       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・熊野直樹


あとがき

参照・引用文献
関連年表
人名索引
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索