書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 市場と恐慌
副題 資本主義経済の安定性と不安定性
シリーズ 岐阜経済大学研究叢書15
著者 高橋勉
判型 A5判
頁数 340頁
発行年月 2009年11月
定価 本体6,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03194-5
ジャンル 経済学・経済思想
本の説明 マルクス経済学の方法を用いて、景気循環を理論的に考察。労働力・生産物・金融の3つの市場メカニズムの解明と資本主義経済の本質に迫る。マル経内の対立の克服をめざし、新たなマルクス派恐慌論の構築を試みる。

目次 はじめに―本書の課題と方法
  本書の課題/マルクス派恐慌論の方法/マル
  クス派恐慌論と三つの市場/本書の構成と各
  章の要約


■第T編■市場メカニズムに関する基礎的考察

第1章 市場の重層的構造
 T 本章の課題
 U 投下労働を基準とした均衡
 V 投下総資本を基準とした均衡
 W 投下自己資本を基準とした均衡
 X 本章のまとめ

第2章 売り手間競争と市場価値
 T 本章の課題
 U 『資本論』第3巻第10章における市場価値
   規定と残された課題
 V 従来の諸説における売り手間競争の検討
 W 相互調整型アプローチによる加重平均規定
   の論証
 X 本章のまとめ


■第U編■資本主義経済における三つの市場

第3章 労働力市場
 T 本章の課題
 U 置塩の実質賃金率決定理論
 V 実質賃金率の決定メカニズム
 W 資本蓄積と労働力市場
 X 本章のまとめ

第4章 生産物市場
 T 本章の課題
 U 「均衡蓄積軌道」をめぐる富塚説と富塚批判
 V 部門間均衡とその安定性
 W 需給総額における均衡と「単純再生産の罠」
 X 本章のまとめ

第5章 金融市場
 T 本章の課題
 U 資本の運動と金融市場の基本構造
 V 金融市場における需給均衡
 W 利子率の決定メカニズムと「自然的」利子率
 X 本章のまとめ


■第V編■市場の相互作用と資本主義経済の安定
     性・不安定性

第6章 資本主義経済の安定性
          ―「理想的平均」体系の成立
 T 本章の課題
 U 置塩の不均衡累積理論
 V 三つの市場の同時均衡
 W 三つの市場の相互作用と資本主義経済の安
   定性
 X 本章のまとめ

第7章 資本主義経済の不安定性―不均衡の発生
    と累積
 T 本章の課題
 U 富塚の不均衡累積理論
 V 第T部門の自立的発展による不均衡の必然
   的発生
 W 本章のまとめ

第8章 資本主義経済の安定性と不安定性
                 ―景気循環
 T 本章の課題
 U 拡大再生産から縮小再生産への移行―好況
   から恐慌へ
 V 縮小再生産から単純再生産への移行―不況
 W 「単純再生産の罠」と拡大再生産の展開―回
   復
 X 本章のまとめと本書の結論

補 章 第T部門の優先的発展法則について
 T 本章の課題
 U 従来の諸説の検討
 V 問題点の整理と基本モデル
 W 第T部門の優先的発展法則の論証
 W 第T部門の優先的発展における不均衡化傾
   向
 X 本章のまとめ

おわりに

初出一覧

参考文献
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索