書籍紹介

書籍の購入は
こちら

書籍名 核は廃絶できるか
副題 核拡散10年の動向と論調
著者 水本和実
判型 A5判
頁数 230頁
発行年月 2009年11月
定価 本体2,300円+税
ISBN ISBN978-4-589-03193-8
ジャンル 国際関係・外交
本の説明 核廃絶への機運が高まった2009年。しかしそれまでの10年は、核が拡散した「失われた10 年」であった。核問題についての動向と論調を各年ごとに整理し、核を取り巻くダイナミズムを概観するとともに、今後の核軍縮の展開への視座を提示する。

    
目次 はしがき

プロローグ■核拡散から核廃絶へ
 はじめに―本書のねらい/戦後の核不拡散体制
 と転換点としての1998年/本書の構成/おわり
 に

第1章■1998年−インドとパキスタンの核実験で
        激変した世界
 はじめに/グローバルな核軍縮・核廃絶/インド・
 パキスタンの核実験/北朝鮮のミサイル発射/地域
 の不安定要因/被爆国・日本の役割/おわりに

第2章■1999年−「核廃絶一歩手前」を提言した東
        京フォーラム
 はじめに/東京フォーラムの報告書をめぐって
 /インド、パキスタンの核実験が与えた影響/
 日本の原子力政策と東海村臨界事故/北朝鮮の
 核開発疑惑/非核をめざす動き/おわりに

第3章■2000年−NPT再検討会議と「核廃絶への明
        確な約束」
 はじめに/NPT再検討会議/ミサイル防衛/地域の
 核問題/日本の核関連政策/原爆投下をめぐっ
 て/おわりに

第4章■2001年−9.11テロで大きく後退した核軍縮
 はじめに/米ブッシュ新政権の単独主義/9.11
 テロの発生とその影響/個別の核関連問題/おわ
 りに

第5章■2002年−米国の対イラク戦争準備に揺れ
        た世界
 はじめに/米国の核政策をめぐって/北朝鮮の
 核問題/中東情勢/南アジア/広島と日本/お
 わりに

第6章■2003年−イラク戦争への突入は世界をど
        う変えたか
 はじめに/超大国アメリカの戦争/イラク戦争
 と地域情勢/国際的核軍縮/日本の核政策・防
 衛政策/おわりに

第7章■2004年−「対テロ戦争」の影で拡散する核
 はじめに/アメリカと「対テロ戦争」およびイラク
 戦争/地域の核問題/核をめぐる日本の動向/
 日本とイラク戦争/おわりに

第8章■2005年−被爆60周年だがNPT体制は危機
        的状況
 はじめに/グローバルな核不拡散・核軍縮/アメリカの
 動向/北朝鮮の核問題/イランの核開発疑惑/
 インドの核兵器/日本をめぐる問題/おわりに

第9章■2006年−核軍縮の羅針盤は狂う一方
 はじめに/主要核兵器国の政策/米国とインドの
 原子力協力/北朝鮮の核兵器・ミサイル開発/イランの
 核開発/イラク情勢/イスラエルのレバノン攻撃/日本
 の核燃料再処理問題/広島・長崎への原爆投下
 関連/おわりに

第10章■2007年−新たな潮流と先の見えない課題
 はじめに/米国は世界をどう変えたか/米国イン
 ド原子力協定/北朝鮮の核問題/米国内の新し
 い潮流/地域の核をめぐる情勢/多国間核削減
 交渉「広島プロセス」提言と提言批判/広島・長崎と
 原爆投下/おわりに

第11章■2008年−ブッシュ政権の「退場」と新たな
        序曲
 はじめに/米ブッシュ政権の総括/中東の核問
 題/北朝鮮の核問題/南アジアの核/米国から
 の核廃絶へ向けた動き/おわりに

エピローグ■2009年以降の展望
 復活した核廃絶の潮流/今後の動向を左右する
 要素/おわりに

あとがき
初出一覧
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索