書籍紹介

書籍名 新・いのちの法と倫理
著者 葛生栄二郎河見誠伊佐智子
判型 四六判
頁数 280頁
発行年月 2009年11月
定価 本体2,600円+税
ISBN ISBN978-4-589-03191-4
本の説明 生命倫理をめぐる様々な「いのち」の問題を医療の現場や宗教論、文化論なども踏まえ、多元的・包括的に論じる。好評を博した旧版の構成は活かし、急激に変わりゆく「いのち」の法・概念について、自身で考えるための手掛かりを提供。



改訂版が刊行の予定です

この書籍は品切につき入手できません
目次 まえがき

序 章 自己決定権と人間の尊厳
      ―生命倫理の原点から
  1 自己決定権
  2 人間の尊厳

第1章 人工生殖
      ―生命の神秘への挑戦
  1 生命の誕生と不妊
  2 様々な人工生殖技術
  3 人工生殖が問いかけるもの

第2章 人間のクローン―コピーされる「いのち」
  1 ドリー誕生の衝撃
  2 クローン技術の夢と野望
  3 なぜクローン人間をつくってはいけない
    のか

第3章 人工妊娠中絶
      ―産まない権利か、生まれる権利か
  1 中絶問題の歴史
  2 各国の現行中絶法と中絶の実態
  3 わが国の中絶の歴史と中絶法
  4 中絶は認められるか

第4章 医療の法と倫理
      ―患者を支える医療と看護
  1 患者の権利とは
  2 ガン告知とホスピス
  3 看護の倫理

第5章 安楽死・尊厳死
      ―生命の尊重と人間の尊厳
  1 安楽死・尊厳死とは
  2 安楽死の倫理と法
  3 尊厳死の倫理と法

第6章 脳死・臓器移植
    ―生と死のはざま
  1 脳死とは何か
  2 臓器移植法
  3 脳死説は認められるか
  4 なぜ脳死・臓器移植は受け入れられない
    のか

あとがき

主要参考文献

索 引


 【コラム】
  1 不妊治療にかかる時間と費用
  2 クローン人間の伝説
  3 生命擁護派の殺人
  4 東洋の「医の倫理」
  5 日本人のポックリ信仰
  6 記憶を持つ心臓?
 

本を探す

書籍キーワード検索

詳細検索

書籍ジャンル検索